au・docomo・ソフトバンクのキャリア決済を現金化する方法とは?

急に出費を強いられたときや、少しだけ現金がほしいとき、大手通信会社のキャリア決済を現金化することでその場をしのぐ方法があります。

最もわかりやすいのがamazonギフト券などを購入し、売却することです。専用の業者や買取サイトが存在するため、目減りをあまり気にすることなく現金化が可能なのです。クレジット上限額とは別にキャリア決済を利用し、上手にやりくりしている人もいるのです。

他にもポイント還元サイトを経由してキャリア決済を行い、一部をポイントとしてプールしておくなど様々な工夫が可能です。自分の使い方に合わせるだけでなく、キャリア決済との組み合わせを考えながら利用することで、急な出費にも耐えられるようになるのです。

キャリア決済を使って現金化するのは難しくない

キャリア決済を使って現金化するのは難しくない

現金化というと、クレジットカードなどの現金化がイメージされ、あまりイメージが良くないと感じる人もいます。しかし、実際は非常に安全な方法でお金に変えることが可能なのです。

ポイントになるのがamazonギフト券などのギフト券の普及です。大手ネット通販業者のギフト券は世界に浸透していて、電子マネー代わりに利用されることもあるからです。無駄がなく、実用性が高いことから買取金額も高い傾向があります。

そのため、キャリア決済でギフト券を購入し、専用サイトなどを通して売却するだけで現金化が可能になるのです。

なるべく需要が高いギフト券を買うことが、高い還元率を実現するために重要になります。また、キャリア決済の場合は購入できるギフト券にも制限があることに理解が必要になります。

キャリア決済ならギフト券も気軽に買える

キャリア決済を使ってギフト券を購入することはそれほど珍しくなくなっています。ただし、選択肢自体が限られることがある点に注意が必要です。商品券などの購入に制限をつけなければ、気軽過ぎて本来の目的から外れた使い方をする人もでかねないからです。

そのため、主に使うのはamazonギフト券のメールタイプなどになります。番号だけの取引になるため金券ショップなどは利用できないことになります。

そのため、amazonギフト券の専用売買サイトなどを利用し、売却した収入を自分の口座に振り込んでもらう形になるのです。利用するサイトによって手数料が異なるのもポイントです。中には自分で金額を決めて売却できるサイトもあります。

あくまでディスカウントが前提になることもポイントに

ギフト券の買取を依頼する場合は、手数料などを差し引いた上で買取を依頼するか、自分で値段を決めて売却する形になります。購入する人にメリットにならなければ買い取りは成立しないため、ある程度目減りするようになっているのです。

ただし、amazonギフト券の需要は高く、90%などの値段でも商売が成立します。これはamazon経由のショッピングであれば、10%程度お得になることをさしているからです。

額面よりも金額を下げればすぐに売れる可能性が高くなり、金額が高いほど売れにくくなります。自分で設定が可能な場合は現金化したいスピードにあわせて値段を設定するのがコツです。

売れ筋のディスカウント率なども決っているため、複数のサイトを見ながら基準をあわせるのがおすすめです。

業者などを介さずに現金化する場合は注意が必要

業者などを介さずに現金化する場合は注意が必要

現金化業者などを使わずに直接取引で現金化を目指す方法もあります。メリットは手数料が引かれないことで、自分の設定額がそのまま手に入ることです。デメリットは取引の方法自体をしっかりと理解していないと、詐欺などにあう可能性があることです。

振込みを確認して初めて取引が完結するため、手順なども入念にチェックする必要があります。クーポンのコードを事前に提示してしまえば、そのまま利用されてしまうため、タイミングも重要になります。

相手が信用できるかどうかのチェックも必要になるため、デメリットを避けるために専門サイトを利用する人も多いのです。トラブルにあっても自分で対処する必要があるため、特に注意が必要です。

身内相手であれば安全性は非常に高い

ギフト券を使った現金化は、身内相手であれば安全性が高くなるのがポイントです。家族だけでなく友人などに買取を持ちかけることも可能だからです。

懸賞などでギフト券が当たることも珍しくないため、話題としても使いやすいのが特徴です。現金の方が使い勝手が良い場合があることや、amazonを普段使わない人間であればお金に変えてしまった方が良いことも多く、さほど不自然にならないこともあります。

直接取引の場合は自分で設定した金額がそのまま取り分になります。交渉をして安くされることもありますが、親しい相手であれば日ごろお世話になっている分などで相殺することもできます。

現金でそのまま受け取れるケースもあるため、活用できるなら活用した方がプラスなのです。

直接取引をする場合はリスクに気を配る必要がある

業者などを使わずに直接取引をする場合は、注意すべき点が一気に増えます。まず、金額の交渉だけでなく、直接取引にどうしてくれる相手を探す必要があります。次に、取引用のメールアドレスが必要です。LINEなどでやりとりをする方法もありますが、その場合は自分のIDなども相手に伝える必要があります。

次に、振込み用の口座を教える、あるいは直接会ってプリントされた紙と現金を交換するなどすりあわせが必要になります。ある程度個人情報を開示しなければ現金化が出来ないのです。

振込みを依頼するにも、振込み手数料をどちらが負担するかといった話が出てきます。取引相手もリスクに気を配るのが一般的なため、手数料を払っても専門の取引サイトを利用した方が楽で安全なケースは多いのです。

ポイントサイトを利用してポイントをプールする方法も

ポイントサイトを利用してポイントをプールする方法も

ギフト券以外にもキャリア決済を利用して現金を稼ぐ方法もあります。利用するのはポイント還元サイトです。ポイント還元サイトは利用額などに応じてポイントバックが生じ、たまったポイントを現金やギフト券に交換することが可能です。

また、キャンペーンなどを利用すると100%還元などが行われることもあるため、方法次第では大量の現金を稼げる可能性もあります。注意したいのはポイント還元が確定し、現金化されるまでに時間がかかることです。

また、キャンペーンなどを利用しない場合の還元率はそれほど高くないのが一般的です。メリットとデメリットをしっかりと理解しながらバランスをとる必要があるのです。日ごろから少しずつポイントプールし、いざという時に現金化する人もいるのです。

100%ポイントバックが行われることもある

ポイント還元サイトは広告収入で運営されています。わかりやすくしてしまうと、キャリア決済で購入したコンテンツの数などに応じて、スポンサーから広告収入を得る形になっているのです。

特に多いのが、コミックサイトなどの月額会員登録で使った金額の100%か、それ以上の報酬が発生することです。これは契約した人の一部の人は、契約金額以上にお金を使ったり、解約を忘れて翌月の支払いが発生することがあるためです。

アプリの有料会員でも仕組みは同じです。ポイントが確定し、引き出せるようになるまで時間がかかるケースはありますが、キャリア決済で使った分がそのまま現金化できる場合が多いのです。

実際に承認され、ポイントが確定するまでの期間は利用するサイトなどによって異なります。事前にチェックした上で有効活用するのが大切になります。

一般的な買い物は1%など少額のポイントバックになる

ポイント還元サイトを経由し、商品購入などに結びつけるだけでポイントバックが発生することもあります。しかし、アプリやコミックなどを除いたショッピングなどは還元率が低めに設定されていて、1%前後になることも珍しくなくなっています。

あくまでおまけ程度に考えた方が良く、地道にポイントを貯めた方が良い水準になります。ポイント還元サイトによって換金に必要が最低額なども設定されているため、サイトの基準に合わせて考えることも大切です。

ポイント還元サイトでも大手は300円程度から現金化が可能で、サイトによっては手続きの手数料が差し引かれる場合もあります。還元までの金額が非常に高い詐欺的なサイトもあるため、まずは運営会社が信用できるかを含めてチェックした方が良いケースもあります。

関連記事