クレジットカードの支払いを滞納するとどうなる?裁判の可能性について

ついうっかり、クレジットカードの支払い期日を過ぎてしまったという経験のある方は多いのではないでしょうか?あまり頻繁に滞納すると、ローンを組んだりカードで支払ったりといったことができなくなるため、注意しなければなりません。

また、支払いの督促を1年以上放置してしまうと、カード会社から訴えられて裁判にまで発展するケースもあります。すぐにでも支払わなければならないのに、お金が用意できないときは、消費者金融やクレジットカード現金化などを利用するという手もあります。

管理人

こわっ。

天使

そりゃそうだよ。お金を借りておいて無視されると誰だって怒るでしょ?遅延だったり、支払いができない場合はとにかく連絡した方が良いよ。案外優しい対応してくれるから。

カードの支払い滞納を絶対にしてはいけない理由

カードの支払い滞納を絶対にしてはいけない理由

クレジットカードを1枚でも持っている方なら、個人信用情報に利用履歴などを記録されることになります。新規でクレジットカードを作ると、カード会社は個人信用情報を見て、契約するかを決めます。

個人信用情報に以下のような記録が残れば、「ブラックリスト」扱いされ、新規のカード契約はかなり難しくなります。

  • 破産
  • 3ヶ月ほどの滞納
  • 複数のカード会社での滞納

また、以下のような審査も数年にわたって制限されてしまうため、大きな買い物ができなくなってしまいます。

  • カードローン
  • 住宅ローン
  • 自動車ローン

さらに、支払いを滞納すると新規契約だけではなく、今まで使っていたカードも強制的に解約させられてしまう場合もあります。

どの程度の滞納によって強制解約の対象となるかは、カード会社によって異なるため一概には言えませんが、数日遅れを何度も繰り返したり、数か月支払いが滞った場合なども強制解約や更新拒否などになる恐れがあります。

支払い期日に遅れてしまった場合の対処法

支払い期日に遅れてしまった場合の対処法

どうしてもお金が用意できなかったとか、うっかり忘れていたなど、滞納してしまうことはあります。1度や2度であれば、速やかに対処すればおおごとにならずに済む場合が多いので、まずは電話で問い合わせてみましょう。

お金が用意できるのであれば、担当者の指示に従ってすぐに支払いを済ませてください。どうしてもお金が用意できない場合でも、担当者に相談することで解決することもあるようです。

支払い日遅れが多いならカードは2年間解約しないほうが安心

ブラックリストに載るほどでもない滞納記録がいくつかある場合でも、新規でカードを作るときにはマイナスです。

このようなブラックリスト一歩手前の状態をAマークと言います。2年以上カードを保有して信用情報が更新されればAマークは消えるので、新規の契約も問題なくできるようになります。

反対に、Aマークの状態で保有しているカードを解約すると、信用情報にAマークが5年間残ります。5年間もクレジットカードを持てないのは、相当不便ですよね。

今まで、ちょっとした支払い日遅れを何度かしたことがあるなら、2年間はカードを解約しないようにしましょう。

管理人

ブラックリストは何となく聞いたことあるけどAマークは初めて聞いたな。

天使

使用者の評価みたいなものなんだけど、Aマークの他に、P、R、B、Cマークとかもあるんだ。

管理人

多いな。覚えられないや。

天使

代表的なのはAマークとPマークらしいよ。Aマークは「請求した金額が期日までに入金されていない状態」、Pマークは「請求した金額が一部しか入金されていない状態」とだけ頭の片隅に置いといたらいいよ。

信用情報を確認

何度か滞納を繰り返してしまったのであれば、ブラックリストまではいかないまでも、Aマークくらいにはなっているかもしれません。そうなってしまえば、少しの失敗でも今後の人生プランに大きく影響してしまいかねません。

個人信用情報機関で情報開示をして、信用情報にマイナス記録が残っていないかを確認しておいたほうが良いでしょう。

督促状が届いた!無視し続けたらどうなる?

督促状が届いた!無視し続けたらどうなる?

今後、クレジットカードを利用したりローンを組んだりするためには、絶対に滞納しないようにしなければなりません。ましてや、支払いが滞ったことで届いた督促状にはすぐに対応するべきです。

しかし、どうしても支払えず、督促状を無視している状態になっている方もいるかもしれません。そのまま無視を続けると、どのような処置を取られてしまうのでしょうか?逮捕されたり裁判になったりするのではないかと怖い思いをしている方もいるようです。

最終的には「強制執行」で逮捕はされない

支払い督促をずっと無視し続けたとしても、警察が来て逮捕されてしまう…ということは起こりませんので安心してください。ただし、カード会社から訴えられてしまい、貯金や給料などを差し押さえられる「強制執行」となる場合があります。

いつ強制執行になるかはカード会社によってまちまちですが、最初の督促状が届いてから1~4年というところが多いようです。1年未満であれば、よほどのことがない限りは強制執行までされることはないでしょう。

滞納から強制執行までの大まかな流れ

残高不足などによって支払い日に引き落としができないと、その旨を伝えるハガキや支払い書などが郵送されます。この段階ですぐに支払えば、おおごとになることはありません。しかし、これを無視すると通知や電話が頻繁にくるようになります。

カード会社からの通知や電話を無視していると、やがて裁判所から「支払督促申立書」という封書が届きます。この段階で、カード会社から訴えられてしまったということになります。

「支払督促申立書」を2週間放置すると、再び裁判所から封書が届きます。これが「仮執行宣言付支払督促申立書」です。これをさらに2週間以上放置すると、いつ強制執行されてもおかしくない状態になってしまいます。

管理人

差し押さえって何なの?

天使

上記の段階を経て払う意思がないと判断された場合、強制的に現金や物を没収されてしまうんだ。主に給料や銀行の預金、車などもその対象に入る。

管理人

恐ろしいね。

天使

そうだね。しかも、差し押さえの期日は具体的には分からないんだ。ある日突然自宅に執行官がやってくるんだよ。

支払督促申立書が届いた時点で裁判になる

支払督促申立書が送られてきた際には、「異議申立書」という、カード会社に対して異議の申し立てをするための書類も送られてきます。

異議申立書を送付すると、以下のような書類が送られてきます。

  • 訴状
  • 口頭弁論期日呼出状
  • 答弁書

これらによく目を通し、必要事項を記入して、裁判に臨むことになります。

このように、裁判所が介入してしまってからの対応だと、非常に手間がかかって厄介なことになります。先延ばしにしても支払い義務が消えるわけではありませんので、通知や電話が来ているうちに手を打つようにしましょう。

どうしても期日に支払えない場合の対処法

どうしても期日に支払えない場合の対処法

最悪の場合、貯金や給料が差し押さえられることもあるクレジットカードの支払い滞納。すぐにでも支払わなければならないのに、お金がなくて払えない…と、お困りの方もいるのではないでしょうか?

カード会社に相談すれば、支払い期日を延長してもらえることもありますが、そう何度も使える手ではありません。借金を返すためにほかで借金をするというのはあまりおすすめできませんが、ブラックリスト入りを避けるためにはやむを得ない場合もあります。

親類や友人などに借りる

もっとも手っ取り早く、安心なのが親類や友人など知人に借金を申し込むことでしょう。もちろん、どんなに親しい間柄であっても、借金をするからにはきちんと誠意を見せる必要があります。

たとえ親であっても、きちんと法的な力を持つ借用書を交わしておきましょう。真摯に対応しなければ、近しい存在からの信用や友情を失ってしまいます。たとえ少額であっても、借金を申し込むときは緊張感を持つようにしましょう。

消費者金融で借りる

知名度の高い大手の消費者金融であれば、お得にキャッシングできる場合が多いようです。ただし、カードの支払いを済ませる代わりに消費者金融の返済を滞納しては意味がありません。利用する際は、必ず返済できる見通しがある場合のみにしましょう。

消費者金融を利用する際は、CMでもやっている様なところを選ぶようにしてください。闇金や悪質金融会社から借金をしてしまうと元も子もありません。消費者金融と闇金の違いもご参考ください。

クレジットカード現金化を利用する

手っ取り早くまとまった金額を用意するのであれば、クレジットカード現金化という方法もあります。リピーターであれば申込みから入金までが10分程度で済んでしまうこともあります。

クレジットカード現金化は借金とは異なりますが、後日、商品代金をカード会社に支払う必要があるという点では、借金とほとんど同じです。消費者金融で借金するときと同様で、必ず期日までに支払える当てがある場合のみ、利用を検討しましょう。

クレジットカードの支払いを滞納すると、信用情報にマイナス情報が記録され、さまざまなデメリットが生じます。たとえ1日でも支払いが遅れてしまった場合はカード会社に連絡して、支払い方法や期日延期などの相談をしてください。

ずっと支払わないまま放っておくと裁判となり、貯金や給料を差し押さえられる可能性があります。お金がなくて滞納してしまう場合は消費者金融などを利用するのも1つの方法ですが、デメリットも把握しておきましょう。

管理人

とにかく連絡することが大事なんだな。

天使

そうだね。1、2回目の遅延をした時は連絡をしたけど、それ以降連絡をしなくなってやがて慢性的に滞納する人って多いよ。連絡しなくても大丈夫なんだって思わない様にしようね。

関連記事