デビットカードの特徴 - 現金化とは無縁のカード?

従来から日本独自に存在しているJ-Debitとは異なり、世界的に利用されているデビットカードは、クレジットカードと同じ使い方が出来ます。

デビットカードに対して、銀行や店舗ではJ-Debitを連想してしまうことがあるので、J-Debitとデビットカードは区別しておかなければなりません。

J-Debitは銀行ATMの振込システムを使用していますが、デビットカードは決済用に特化されているので、クレジットカードと同じ決済システムを使う違いがあります。

デビットカードの仕組みと特徴を理解しよう

デビットカードの仕組みと特徴を理解しよう

16歳以上で本人名義の銀行口座を持っていれば、同じ銀行がデビットカードの取扱をしていれば発行可能です。

利用限度額は、預金残高の範囲内に限られるので与信審査が必要ないわけです。審査が事実上無いわけですから、年齢制限をクリアしていれば保有可能です。

デビットカードは決済手段としてクレジットカードのシステムを使う

デビットカードは、ショッピングを行なう際に、クレジットカードとして提示することにより、買い物に利用出来ます。デビットカードの表面には、国際ブランドのVISAが使用されていることが多く、デビットカードの大半はVISAが占めています。

日本国内ではJCBブランドが付いたデビットカードも発行されていますが、クレジットカードでは無いにも関わらず、VISAやJCBのマークが付いていることに疑問を持つ人もいるでしょう。

実は、クレジットカードに付いている国際ブランドのVISAやJCBは、カード会社の名前ではなく国際的に使われている決済システムを指しています。クレジットカードを発行している会社は別にあり、決済手段として国際ブランドを使っているわけです。

デビットカードもクレジットカードの国際ブランドと同じ決済システムを利用して、リアルタイム決済を行っているので、店頭では1回払いかつ即時払いのクレジットカードとして利用可能です。

銀行預金残高との連携をしている

デビットカードは、銀行が発行しているので、預金残高から即時引き落としを行なうことでクレジットカードと同じ買い物が出来ます。利用限度額は、連携している銀行預金口座の残高までとなるので、預金している金額までしか利用出来ません。

16歳以上ならば実質的に審査なしでデビットカードが持てる理由は、信用情報を利用した借入れを行っているわけでは無いからです。銀行預金口座に入れてある預金の範囲内でしか利用できないので、そもそも保有しているお金以上の買い物は出来ません。

信用情報を用いた審査が必要無いことは、カード会社による一時的な立て替え払いが必要無く、あくまでも銀行預金口座とデビットカードの利用可能額は連動していて、デビットカードを使えばリアルタイムで引き落としされます。

デビットカードの現金化は可能なのか

デビットカードの現金化は可能なのか

デビットカードは、発行した銀行の預金口座残高と連動しているので、デビットカードの利用可能額を現金化するならば、ATMへ行き預金を引き出せば良いだけです。

デビットカードの現金化をクレジットカードのショッピング枠現金化と同様に行なう意味が無いことが分かるでしょう。ショッピング枠の現金化と同様の手法で、利用限度額を換金すると、直接預金を引き出した場合よりも、決済システム利用料が必要となる分だけ現金が目減りして意味がありません。

デビットカードの現金化が可能か不可能かという意味では、不可能では無く理論的には可能ですが、手数料倒れとなるので意味が無いことは確かです。現実的には、デビットカードで現金化をする人はいないでしょう。

クレジットカードとの違いを理解する

クレジットカードならば、カード会社が一時的に利用額を立て替え負担しています。デビットカードでは、クレジットカードの決済システムを利用して、銀行預金口座からリアルタイム引き落としを実現しているので、少なくともクレジットカードとは異なり立て替え払いは発生しないわけです。

銀行預金口座に入っている残高以上の取引を行おうとすると、決済エラーが出るので借入れは出来ません。しかし、デビットカードの中には例外的に月次決済に利用出来るタイプのデビットカードが存在します。

月次決済は、一度与信を掛けると次の与信確認が3ヶ月後となることが多く、複数回の良品引き落としに利用されて、いつの間にか残高不足に陥ることがあります。クレジットカードとは異なり、与信審査を受けていないので、月次決済には利用しないことが望ましいでしょう。

プリペイドタイプならクレジットカード現金化の問題が出る

厳密な意味では、日本国内で発行されているデビットカードは、銀行預金口座と連動してリアルタイム引き落としが出来るタイプです。しかし、クレジットカード決済システムを利用した支払いのみに使えるプリペイド式カードが販売されていることも確かです。

見た目はデビットカードとの区別がつかないので、クレジットカード同様に店頭では1回払いを宣言する必要があります。チャージ金額がそのまま利用限度額となりますが、デビットカードとは異なり預金口座からの引き出しに使える銀行キャッシュカード機能を持っていません。

プリペイド式カードは、一度チャージすると払い戻しが出来ないので、チャージ済み金額を現金化出来ないかと考えるでしょう。デビットカードの現金化を行なうメリットが感じられるのは、銀行預金口座との連動がされていないプリペイド式カードのみ有効です。

なぜなら、クレジットカード現金化を行なうか買い物をする以外に、現金を手にする方法が無いからです。

クレジットカード現金化業者は黙って換金を受ける所があるので注意

クレジットカードのショッピング枠を現金化する業者ならば、現金化を申込みした際にクレジットカードを確認します。この時点でデビットカードならば、カード表面の最初の4桁番号によりデビットカードと判別可能です。

いくら決済手段としてクレジットカードの国際ブランドを使用していても、クレジット現金化を行わずに預金口座から現金を引き出した方が良いと分かるはずです。しかし、悪徳クレジットカード現金化業者に捕まってしまうと、デビットカードと知りながら現金化して、決済手数料や差益を利益としてしまいかねません。

銀行預金口座連動型のデビットカードならば、クレジットカード現金化をせずに直接銀行ATMで預金を引き出した方が良いと知っておく必要があります。現金化のシステムを理解していれば、防げる内容です。優良のクレジットカード現金化業者はこちらをご覧ください。

2018年に導入されるキャッシュアウトを知っておきたい

2018年に導入されるキャッシュアウトを知っておきたい

クレジットカードが多用されている海外では、カード社会が日本よりも更に進んでいるので、キャッシュアウトと呼ばれるサービスが展開されています。

キャッシュアウトは、聞きなれないサービスですが、スーパーや商店でクレジットカードを提示すると、利用限度額の範囲内でレジから現金を受け取れる仕組みです。買い物をせずにレジの現金を受け取れるので、海外旅行者が現地通貨を小口両替する手段として使っている人も少なくありません。

デビットカードを利用している際に、海外で預金を引き出そうとして苦労した人もいるでしょう。海外では、両替所で現地通貨へと交換する際に手数料が発生してしまうので、クレジットカードやデビットカードによるキャッシュアウトが使えれば、更に便利と感じるでしょう。

デビットカードでキャッシュアウトを出来るメリットとは

デビットカードを利用すれば、店頭で買い物を行なう際に、ATMへ立ち寄ることなく買い物が出来ます。しかし、クレジットカードと同じ使い方が出来るとしても、支払い時には現金決済のみしか受け付けない店舗も少なからず存在しているでしょう。

加盟店がショッピング決済を行なうと、決済手数料として3%から8%程度支払う必要があるので、なるべく現金決済をして欲しいと考える事業者が少なくありません。キャッシュアウトならば、ATM手数料がかかる夜間早朝であっても、レジで直接指定額の現金を受け取れるので、安心して利用出来ます。

海外同様に普及するか未知数ですが、少額のキャッシュアウトシステムは、ローソンで行われているCashPostで既に実績があるので、デビットカードに拡大された時に、事実上の公式クレジットカード現金化サービスとなるでしょう。

クレジットカードでのキャッシュアウトを視野に入れている

デビットカードを現金化する方法として、日本国内ではスーパーやコンビニに設置されているATMを利用すれば、いつでも現金を引き出せる状況にあるので、クレジットカード現金化業者を使う意味はありません。

キャッシュアウトにより、公式に認められたキャッシュアウトという制度により、店頭レジから現金を受取る方法で預金引き出しを行なう方法が浸透すれば、更にクレジットカードでのキャッシュアウトが視野に入ってくるでしょう。

2018年に導入されると予告されているキャッシュアウトは、新たなデビットカードの現金化とも言えますが、結果的にクレジットカードのショッピング枠を現金化する方法を公式に作ることに繋がる可能性を秘めているわけです。

国際ブランドの決済システムを使って出来ることが増えれば、海外のデビットカード同様に現金引き出し方法の多様化と利用シーンの拡大が見込めます。

関連記事