借金を返せないからといって無視は厳禁!返済プランをしっかり立てよう

借金の返済に苦しんでいる人の生活状況はさまざまで、借り入れをしなければならなくなった原因も人によって違います。しかし、多額の債務を抱えている人には共通点があります。それは、最初は軽い気持ちで少額の借り入れをしただけなのに、気が付けば負債額が雪だるま式に膨らんでいたということです。

負債が多額になればなるほど心の余裕がなくなり、正常な判断ができなくなってしまうという悪循環に陥って、負債額を増やしてしまうことにもなりかねません。消費者金融などからお金を借りたときに一番気を付けなければならないのは、金額が大きくなって返せなくなってしまう前に返済の計画をしっかりと立てることです。

また、借金を滞納し続けて負債額が膨れ上がったり法的措置を取られたりすることも、債務者にとって大きな負担となります。ここでは、借金を放置してしまった際に生じるリスクやデメリットとともに、借金が返済できない人が取るべき行動について解説していきます。

管理人

借金すると心が落ち着かないよな。


天使

落ち着かないならまだいい方だと思うよ。借金を繰り返していくとだんだん感覚が麻痺してきて焦りすら感じなくなっちゃう人もいるからね。

支払いの催促を無視し続けると返済に不利な状況になる

支払いの催促を無視し続けると返済に不利な状況になる

債務額が大きくなるほど、支払いの催促に向き合うことが面倒になってきます。しかし、督促状を無視して放置していても借金がなくなるわけではありませんし、逆に自分にとって不利な状況に陥ってしまうことは確実です。

返済が1~3ヶ月ほど滞ると、借り入れ先から支払い催促の通達が届くようになります。電話での催促の場合もありますが、ほとんどの場合は督促状や催告書といった郵便で届きます。通達された時点で指定された期日までに返済を済ませれば問題はありませんが、催促を無視して滞納を続けていると、強制執行につながる法的手段を取られるおそれがあります。

借り入れ時の契約内容によっては、催促に応じないと分割払いの権利(期限の利益)を失ってしまう場合があります。例えば240万円の借入額だった場合、12ヶ月払いで月々20万円強支払うだけで良かったものが、一括で全額返済しなければならなくなるということです。一括請求にも応じずに滞納を続ければ、この場合もいずれ強制執行となる可能性が高くなります。

分割払いで返済可能な額の借金をしているなら、督促状や催告書などを無視せず、期日までに支払うようにしてください。通達を無視して滞納を続けるのは、強制執行のリスクを自ら高めるようなものです。

強制執行になるとどうなるの?家財を失って生活再建が難しくなる

債務者が滞納を続けると、債権者は法的手段を取ってきます。通常、債権者が裁判所に支払い督促の申し立てを行いますが、それでも支払いが行われなかった場合、裁判所が強制的に債務者の財産を差し押さえることになります。これを「強制執行」と呼びます。

借金を返せなくなった人は家を取り上げられると思っている人が多いようですが、これは強制執行による差し押さえから来るイメージでしょう。

実際に持ち家などの資産は差し押さえの対象となりますので、強制執行の措置を取られた債務者は生活再建が難しくなります。また、世間の見る目が厳しくなるなどの理由から、法的措置を取られるまで滞納を続けた債務者は、通常の生活が送りにくくなってしまいます。

管理人

ご近所にバレるのは何となく分かるけど、会社にバレることもあるの?


天使

あるよ。差し押さえは「家」だけではなく、財産と認められるもの全てを対象にするからね。給与もその一つなんだ。


管理人

なるほど。それで会社にも連絡がいくってことか。


天使

そういうこと。「債権差押通知書」っていうのが会社に届くみたい。会社にバレるのは精神的にかなりきついよね。

ブラックリストに掲載されると通常の暮らしができなくなる

負債を放置しておくと取り立てが厳しくなるのは言うまでもありませんが、その後の生活に大きな影響が出てくるというデメリットもあります。その中でも、普通の暮らしができなくなるリスクがあるのが、ブラックリストに載ってしまうことです。

ブラックリスト入りとは、個人信用情報機関に事故登録として個人情報が掲載されることを指します。支払いの期日から3ヶ月以上の滞納があった場合、ブラックリストに掲載されると言われています。一度掲載されると5年間は、車や家のローンを組むなど新規の借り入れはもちろん、クレジットカードの発行すらできなくなってしまいます。

ブラックリストに掲載されるということは、社会的な信用のない人間だとみなされることと同じですので、現金以外での買い物ができなくなります。そうなると、手持ちの現金で購入できないような高価なものは手に入りません。普通に働いて生活している人が、当たり前のように送っている生活が送れなくなってしまうわけです。

借金を返せないことで逮捕されることはない

借金を返せないことで逮捕されることはない

債務を返済できないままにしておくと、さまざまなリスクやデメリットが生じることが分かりました。しかし、お金がないのだから返せないと返済をあきらめてしまっている人も多いのではないでしょうか?たしかに、借りたものを返す義務があるのは当然のことでも、お金がないのに返済することはできません。

そこで気になるのが、「返済をしないことで罰則を科せられる=逮捕されることはあるのか?」という点です。原則として、返済ができない債務者が逮捕されることはないと言っていいでしょう。借りるときは、ほとんどの人が「返す意志がある」状態で借金をしますので、計画性がなかったり収入が減ってしまったりして返せなくなっても罪には問われません。

ただし、返す意志がないのに借り入れをした場合や、個人情報を偽るなどして債権者をだました上で借り入れをした場合は、債権者の訴えにより詐欺罪に問われることがあります。借りるだけ借りて逃げ出そうとした場合も同様です。

借金の滞納が続くと、ほとんどのケースで強制執行のような法的措置を取られますが、返済できない債務者の態度があまりにも悪かった場合、債権者から告訴される可能性もゼロではありません。債務者は元々強い立場ではありませんので、トラブルを避けるためにも、債権者へのぞんざいな態度は避けた方が賢明です。

借金が返せないときに取るべき行動とは?まずは具体的な返済計画を

借金返済が難しいという人は、自分の債務を整理することから始めましょう。現時点での借り入れ先や返済すべき元本と利息を書き出すなどして、どのくらいお金が足りないのかを明確にしておくべきです。その上で、毎月の収入から月に生活費として使う金額を差し引き、月々いくら返済できるか計算して、計画的に返済できるようにするのがベストです。

しかし、実際に負債を抱え込んでいる人が、自分ひとりでしっかりとした計画を立てるのは難しいでしょう。特に計画性のなさから返済が困難になったという債務者は、一度返済計画を立てたとしても、それを実行できるとは考えにくいですよね。

そんなときは、金融機関に返済期間の延長や利息の軽減を「相談」という形で交渉してみるという方法が有効です。意外に感じるかもしれませんが、金融機関は多くの債務者を抱えているので、相談に応じて返済しやすいプランを提案してくれる可能性は十分あります。

それでも返せない状態になってしまったら、専門家に相談して債務整理をしましょう。過払い金の額や債務者の経済状況によって、債務整理の手続きは変わってきます。専門家に相談すれば、自分に一番適した方法で債務整理が行えます。

債務整理についての記事は当サイトにも掲載していますので、是非ご覧になってみてください。

借金をそのままにしておくと、催促や取り立てが厳しくなるばかりか、家や社会的信用を失ってしまうリスクが高くなります。滞納を続けていれば、債権者との間でトラブルが起こる危険性も出てきます。借り入れする際には、しっかりとした返済計画を立て、地道に返していく努力が必要です。

どうしても返済が難しくなったら、債権者に相談(交渉)したり、債務整理の専門家に相談したりすることで、膨らみ続ける負債から解放される可能性が出てきます。

管理人

クレジットカード現金化のサイトなのに今回は一回もその話が出なかったな。


天使

まあそんなこともあるよ。そもそも、現金化をする人っていうのは借金をしすぎて首が回らなくなっている人が多いからね。こういう記事があっても良いと思う。


管理人

少しでも役に立てばいいな。


天使

そうだね。債権者からの連絡を無視している人は今すぐにでも行動してね。

関連記事