消費者金融と闇金の違い

ひと昔前までは、ギャンブルや浪費などで散財してしまった人や、事業に失敗した人が借金をするというイメージがありました。しかし、現代では、不景気の影響で十分な収入が得られずに、生活費の足しにと借り入れをする人も増えてきています。使いすぎが起こりやすいクレジットカードでの買い物も、現代人が借金をする原因のひとつとなっています。

一口に借金と言っても、借り入れ先によって、取り立て方法や金利に違いがあることはよく知られています。しかし、「消費者金融」と「闇金」を混同してしまっている人が多いのも実情です。

もしあなたがこれから借金をしようとしていて、消費者金融と闇金の違いを知らないのなら、事前に両者の金利や取り立て方法の違いについての知識を身に付けておきましょう。違法な金利を要求されたり、身の危険を感じたりするような取り立てをされるといった事態を避けるためにも、闇金の利用は絶対にやめてください。

まぎらわしい賃金業者の呼び方…よく聞く4つの違いを解説

まぎらわしい賃金業者の呼び方!よく聞く4つの違いを解説

金融に詳しくない人だと、消費者金融も闇金も同じようなものという認識があるかもしれません。ここでは、よく耳にする「消費者金融」「サラ金」「ヤミ金」「街金(まちきん)」の4つについて、それぞれどんな賃金業者なのかを大まかに解説します。

  • 消費者金融:法律に則って利用者にお金を貸している業者のこと。金利にも取り立て方法にも、法に基づいた厳格なルールがある。
  • サラ金:一昔前までの消費者金融の呼び名。
  • ヤミ金:闇金融の略。法律を完全に無視して利用者にお金を貸す業者。金利も取り立て方法も業者が決めており、違法行為となる営業をしている。
  • 街金:小規模な消費者金融と解説されることもあるが、実際は消費者金融とヤミ金のどちらでもなく、法的にはグレーな営業をしている業者が多い。

このように、消費者金融とサラ金は呼び方の違いのみで実質同じものですが、ヤミ金は全く違うということが分かります。TVのCMやポスターなどでよく見かける、アイフルやプロミス、アコムなどは、合法的にお金を貸している大手消費者金融です。

管理人

消費者金融は比較的安心ってこと?

天使

うん。特にテレビのCMでやっている様な大手の消費者金融は安心だよ。

管理人

確かに芸能人が宣伝してるってイメージ良いもんな。

天使

まあ、でも銀行で借りられるなら僕ならそっちをオススメするよ。高額借入が可能で、金利が低いローンもあるからね。審査の時間が長いのは欠点だけどね。

ネット上の質問コーナーなどで、上記のような賃金業者を「ヤミ金なのか?」と質問している人をよく見かけます。しかし、「闇市」などの言葉からも分かるように、「闇」と付いているのは違法だからです。法に触れる営業をしている業者が、大々的にメディアに露出することはあり得ません。

命の危険が及ぶことも…闇金を絶対に利用してはいけない理由

闇金融(ヤミ金)は、法律を無視して利用者にお金を貸しています。そのため、出資法や利息制限法で定められている金利から大きく逸脱した金利を要求してくることがほとんどです。よく「トイチ」という言葉を耳にしますが、これは10日で10%の利息が付くという意味で、年利に換算すると365%にもなります。

このような金利で借金をしてしまうと、元本が全く減らないどころか、利息すら支払えなくなり、借り入れ金額がどんどん増えてくという状態に陥ってしまいます。

また、取り立て方法についても、そもそも法律を守らないのですから、利用者が危害を加えられないという保証はありません。闇金を利用した際、取り立てで起こりうるトラブルをいくつか挙げてみます。

  • 1日に何十回も携帯に着信が入る
  • 昼夜を問わず取り立てに来る
  • 自分だけでなく、家族や恋人、近隣の住民にも被害が出る場合もある
  • 暴力や拉致監禁など、命の危険にさらされるケースもある

今挙げた例は、実際に今まで起こったことがあるトラブルです。闇金融に借金をすると、自分だけでなく周りの人にも迷惑がかかってしまいますし、最悪の場合、殺害されてしまう可能性さえあります。借り入れをすることで生じるリスクを極力抑えたいのなら、闇金は絶対に利用するべきではありません。

消費者金融なら安全なの?大手の企業なら違法な金利や取り立てがなく安心

消費者金融なら安全なの?

消費者金融は、基本的に法律に則った取引しかしません。金利については、一般的に年利18%程度で、借り入れ金額によってはもっと低い金利で貸し出してくれる場合もあります。利息制限法に基づいた金利の設定をしていますので、年利20%を超える利息を要求されることはありません。

取り立てに関しても法に基づいた厳格なルールがありますので、ヤミ金のように夜中にヤクザのような格好の人が取り立てに来る心配はありません。消費者金融の取り立ての特徴をいくつか挙げてみます。

  • 利用者への電話は1日3回まで
  • 夜20時以降の取り立ては禁止されている
  • 取り立て対象は契約者本人のみで、家族や恋人に対する取り立ては原則として禁止されている
  • 取り立て人は会社員で、服装は普通のサラリーマンのようなスーツのことが多い

闇金融の取り立てに比べて、利用者にとって安心感がありますよね。特に、契約者本人以外には催促がいかないというのは、家族や恋人に借金を知られたくない人にとっては大きなメリットです。また、暴力や脅しのような法に触れる行為はしませんので、利用者の安全は保障されています。

ただし、街金のように小規模な消費者金融の中には、違法行為をしている業者もあります。安全に利用したいなら、誰でも聞いたことのある大手の企業を利用した方が良いでしょう。

管理人

家のドアをバンバン叩かれて貼り紙されるようなことはないってことか。

天使

テレビドラマとかの影響でそう思っている人も多いと思うけど、現代でそういうのは考えられないよ。法律で罰せられるからね。

管理人

これは安心したわ。

天使

ただ、そもそもの話だけど、返済プランがない状態で借りるのは止めるようにしようね。取り立てのことを心配している時点で返済の見込みが確実ではないということだからね。

広告の金利に惑わされないで!中小消費者金融は低金利での貸し出しはできません

新聞や雑誌の広告で、大手消費者金融よりかなり低い金利で貸し出しをしている業者を見かけることがあります。一見、大手の企業より返済しやすいように思えますが、広告を出している業者が名前を聞いたこともないようなところなら、おとり広告の可能性があります。

アイフル、プロミス、アコムといった大手消費者金融の年利は18%程度ですが、おとり広告を出している業者は15%未満と記載していることがあります。しかし、小規模な業者は大手消費者金融と違い、銀行から低金利で資金を調達することができません。

資金の調達に高い金利がかかるのに、安い利息で貸し出せるはずがありません。少しでも返済を楽にしたいという思いから、おとり広告の低金利につられて、名前も聞いたことがないような業者から安易に借り入れることはやめましょう。

また、こういった小規模業者の場合、法的にグレーな取り立てをしているケースもあります。適正な金利かどうか、合法的に営業している業者かどうかを見抜ける人以外は、大手の消費者金融を利用することをおすすめします。

負債が膨らんでしまったら…闇金に手を出す前に債務整理をしましょう

負債が膨らんでしまったら

闇金に手を出す人の中には、あらゆる消費者金融から借り入れをして、最後の手段として闇金に駆け込む人は少なくないでしょう。このような状態になってしまったら、すべての借金を返済するのはほぼ不可能です。闇金に手を出してしまったら、金利がみるみるうちに膨らみ、違法な取り立てによって親類など自分の周囲にまで被害が広がります。

返済が困難になったら、手遅れになる前に、きちんとした手順を踏んで債務整理をしましょう。債務整理にはさまざまな手続きがあり、過払い金の金額やその人の経済状況によって、最適な方法が変わってきます。

闇金融にまで手を出そうとしている状況の場合、ひとりで考えても正常な判断ができない場合がありますので、着手金が無料の専門家(司法書士や弁護士)に相談してみるのがベストです。

消費者金融と闇金の違いは、おおざっぱに言えば、法律を守っているか守っていないかという部分にあります。違法な営業をしている闇金業者は、返済が滞ると利用者に経済的・直接的な危害を加えることがあります。

安全に借金をしたいなら、誰でも聞いたことがある大手消費者金融を利用するのが一番です。複数の借り入れ先への返済が困難になったときは、闇金融に手を出すことは絶対に避け、専門家に相談した上で債務整理を検討しましょう。

管理人

おい、急に最後難しくなったぞ。

天使

簡単に説明すると、債務整理とは「債務者にできるだけ負担をかけずに借金を返済すること」なんだ。よく聞く自己破産なども債務整理に含まれるよ。

管理人

ということは、借金しても救いがあるということか。

天使

いろんな条件があるんだけどね。債務整理に関しては少し長くなるから別のページで掲載しているよ。クレジットカード現金化に絡めた記事だけど、債務整理の基本的な部分も書いているから是非見てみて。

関連記事