今すぐにお金が必要な貴方へ!後悔しない『クレジットカード現金化』

「急にお金が必要になった!」
そのような方はクレジットカード現金化を利用しましょう。インターネットにつなげるパソコンやスマートフォンとカードが1枚あればすぐにでもできます。

a

給料日前なのに飲み会の費用が足りなくなった・・・。


b

お金を借りたいけれど、消費者金融の審査が通らない・・・。


c

旅行に行ったら帰りの電車賃がなくなった・・・。

活用できる場面はたくさんあります。

ただし、使うときには知識をしっかり身につけてからでなければいけません。手続きする業者によってお得度が変わるほか、悪徳業者に捕まれば詐欺の被害にあうことも。

本サイトでは、初めての人でも分かりやすいクレジットカード現金化情報を掲載しています。賢く使って、日々の生活をより快適なものにしましょう。

そもそもクレジットカード現金化とは?その方法について

そもそもクレジットカード現金化とは?その方法について

お金を借りる場所といったらまずは消費者金融とクレジットカード会社があります。もしそれらで借りられなくなったら、現金化利用絶好のタイミングです。これはカードのショッピング枠をお金に換金する方法です。

■クレジットカードには2種類の枠がある

1つは買い物するときに使うショッピング枠です。たとえば、利用限度額が月50万円と定められているなら、その価格内であれば繰り返し商品を購入できます。

そしてもう1つがキャッシング枠です。これは上記枠のなかに設定されているもので、カード会社からお金を借りられる枠を指します。たとえば、限度額が10万円ならATMやキャッシュ・ディスペンサーを使って自分の口座以外から引き出せるようになります。ただし、ここで10万円引き出したあとはショッピング枠もその分だけ消費されます。

■買い物するための枠を使って現金を得る審査不用のサービス

キャッシング枠で借りられる額は基本的にそこまで高くありません。そのため、「利用していたらすぐに借りられなくなってしまった」というユーザーがたくさんいます。

そこで、生まれたものがクレジットカード現金化です。これはショッピング枠を消費してお金を得るものです。キャッシング枠がいっぱいで借りられなくなっても、この枠が余っていることはたくさんあり、そのような方に向けた方法でしょう。

また、この取引の嬉しいポイントは審査が必要ないということです。消費者金融にお金を借りている多くの方は面倒な手続きだと思っているはずです。なかには審査に落ちて借りられなかったという方も。そのような方でも安心して利用できるサービスです。

クレジットカード現金化はあまったショッピング枠を利用でき、審査の必要がないことがメリットのサービスです。さらに、手続きの方法によって2つのタイプに分けられます。

クレジットカード現金化 TOP

キャッシュバック型

キャッシュバック型

クレジットカード現金化の方式の1つとしてキャッシュバック型が挙げられます。しかし、こちらはある事件を境に利用者が減ってきているようです。

■無価値な商品の売買によっておこなわれる方式

ユーザーはまず、業者からほとんど価値がない商品をクレジットカードで買います。そして、その後にキャッシュバックという名目で購入代金の何割かを銀行に振り込むというものです。

【例】安物のアクセサリを10万円で買って、その後にキャッシュバックとして8万円振り込んでもらいます。これによって、買い物をするためのショッピング枠を使って、その8割のお金をゲットできました。

■業者が出資法違反で逮捕されてから利用者激減

キャッシュバック型はかつて主流の方法でしたが、あるときを境に業界から消えてしまいます。

それが、2011年に起きた業者の逮捕です。そのときの罪状は出資法違反でした。一連の取引は実質上の「貸付け」にあたり、業者は賃金業の登録をしていないためでした。

基本的に、業者は「商品を買ってもらったユーザーにキャッシュバックしているだけ」という名目で商売しており、古物商の資格しかとっていません。このときからキャッシュバック型は貸付けと認識されるようになり検挙数が増加、ついには利用されなくなりました。

キャッシュバック型は主流な方法として一時的に広く使われてきました。しかし、逮捕者が出てからは下火の状態です。現在の主流はもう1つの方式でしょう。

クレジットカード現金化 TOP

商品買取り型

商品買取り型

クレジットカード現金化のもう1つの方式が商品買取り型です。キャッシュバック型で逮捕者が出てから、こちらの取引が業界の主流になっています。

■高価値な商品を売買することで換金

この方式では、ユーザーは換金性が高い宝石や腕時計、チケットなどをクレジットカードで購入します。その後に業者が商品を買い取って、その代金を銀行に振り込むというものです。

【例】ブランドのバッグを10万円で買って、その後さらにそれを8万円で買い取ってもらいます。これによって、キャッシュバック型のときと同様に、消費したショッピング枠の8割のお金をゲットできました。

■逮捕者がいないことから取引の主流に

商品買取り型はキャッシュバック型と違ってまだ逮捕者が出ていません。これは、取引の一連の流れがリサイクルショップや金券ショップといった古物商とほとんど変わりなく、違法だと決めつけられないためです。

クレジットカード現金化には2種類の方法があります。しかし、キャッシュバック型は現在下火となっているため、初心者が換金するときは、上記のような商品買取り型の取引をおこなうことになるでしょう。

クレジットカード現金化 TOP

クレジットカード現金化に欠かせない『現金化サイト』の存在

クレジットカード現金化に欠かせない『現金化サイト』の存在

実際にクレジットカード現金化をおこなうときはインターネットを使いましょう。実は都心部の駅前には店舗がたくさんありますが、それらは実態がわからない部分が多いためおすすめできません。たくさんの情報が出回っている現金化サイトのほうが安全です。

「お金が手に入るならどこでも良い」と思う方は多いはず。たしかに、実際にサービスを提供しているところはかなり多く、1つ1つ吟味することはとても大変です。

しかし、運営会社によってお得さや安全性がかなり変わります。そのため、どれだけ急いでいてもここのチョイスは慎重におこなって、優良サイトで取引するようにしましょう。

クレジットカード現金化 TOP

現金化サイトを利用するメリットと注意点

現金化サイトを利用するメリットと注意点

実は、クレジットカードのショッピング枠を換金することは自分でもおこなえます。つまり、アクセサリや金券を自力で売買することで、ショッピング枠を使ってお金をゲットできます。

しかし、それよりも現金化サイトを通したほうが効果的です。プロに任せることでさまざまなメリットが得られるためです。ただし、ごく稀に詐欺をはたらく悪徳業者が潜んでいるときもあります。そのようなところを避けるためにも、特徴をとらえて慎重にチョイスしましょう。

■現金化サイトを通すメリット

手続きが早くすぐにゲットできる

自分でおこなう場合かなりの手間がかかります。ショップに行くにせよ、ネット通販を使うにせよすべて終えるまでにはかなりのタイムラグがあります。

その前にまずは取引場所や商品のチョイスから始めなければいけません。これらをすべて合わせると、場合によっては1週間以上かかってしまうこともあるでしょう。

一方で、業者は申込んですぐに換金できます。サイトならスマホでもアクセスできるため、申込みまでのスピードもメリットの1つです。

早いときには5分で振り込んでもらえることもあるでしょう。ネットバンクを使えばATMが使えない時間帯でも活用できます。

還元率が高い

クレジットカード現金化はかなりのスキルが求められる行為です。よりお得な商品をチョイスできる知識や、売買のタイミングを見極める判断力などさまざまなスキルが求められるためです。素人が自分でおこなった場合、還元率が半分を下回ってしまうことも少なくありません。

しかし、プロに任せれば7割、8割といった高い還元率で取引ができます。常連になればより良い待遇が受けられるところもあるようです。また、このパーセンテージが時期によってあまり変動せず、安定しているということも大きなメリットです。「予想外に安くなってしまった!」ということがないため安心です。

カード会社に怪しまれない

実は個人で換金するとカードが利用停止になるリスクがあります。これは利用規約に抵触しているためです。自力でチケットやアクセサリなどを大量購入することはかなり危険です。

業者と取引する場合は基本的に決済代行会社を通します。ワンクッションおくことで支払い請求の内容がわからなくなり、現金化を疑われることが少なくなります。

■現金化サイトを選ぶ際の注意点

数ある現金化サイトのなかには、詐欺をはたらく悪徳なところもあります。「商品を買ったのにお金を振り込んでもらえなかった」「契約したときよりも還元率が低かった」「カードの情報が漏洩した」といったことがないよう、以下のような注意点を確認しておきましょう。

会社概要の有無

会社概要のページはそこの顔を示す重要な要素です。ないところは覆面を被って営業しているようなもので、信用してはいけません。

仮にあったとしても、内容が正確とはかぎらないためしっかりと確認しておきましょう。たとえば、「代表者名が書いていない」「所在地がデタラメ」といったことがあります。とくに後者は地図アプリで調べれば本物かどうかがすぐにわかるため確認しやすいでしょう。

接客対応の雰囲気

クレジットカード現金化は業界として客商売である以上、対応のクオリティーが重要な要素です。事業としてしっかり営んでいるところなら社員の教育もしっかりしているはずです。あまりに高圧的な態度をとっているようなら利用しないほうが懸命です。

また、取引の説明にはとくに注意したいところです。内容が曖昧な部分があったら遠慮なく突っ込みましょう。そこで言葉を濁すようなことがあれば、それにつけこんだ詐欺をはたらくことが考えられます。

換金率

相場はだいたい70~80%ほどだと言われているため目安にしましょう。これより低いなら基本的に損ですから使わないほうが良いでしょう。

また高くても警戒すべきです。数字の高さでユーザーの目を引き、実際には「手数料を引く」「商品に傷がついている」などといって通常よりも低い還元率でしか振り込まないという悪徳業者もいるためです。

即時性やお得さ、安全性などさまざまなメリットが得られることからクレジットカード現金化はサイトを使うことがおすすめです。しかし、その一方で詐欺にも気をつけなければいけません。上記のような注意点をよく把握し、リスクを最大限減らしていきましょう。

クレジットカード現金化 TOP

優良現金化サイトを使うようにしよう

優良現金化サイトを使うようにしよう

クレジットカード現金化は優良なサイトだけを利用しましょう。悪質サイトを使うとお金を騙しとられるほか、個人情報の流出なども考えられます。

また、とくに良く悪くもないごく一般的なところも同様です。上記のような詐欺の被害がなくても、還元率や安全性の面を考えると万全でないところが多いためです。

優良サイトを使うためには、まずはその特徴をおさえておく必要があります。幸いにも、インターネットを使えばすぐに調べられるものばかりです。よりお得に利用できるためのことですから、「面倒くさい」とは思わず、1箇所ずつていねいに調べていきましょう。

■優良現金化サイトの特徴

ホームページのつくりがしっかりしている

インターネットサービスを提供しているところなら、公式サイトはまさにその会社の顔とも呼べる存在です。多くのユーザーが見るところですから、優良なところほど手間をかけて作成しています。

良いところはクレジットカード現金化の仕組みや取引の手順、利用規約について初心者にも分かりやすく書かれているでしょう。また、上記でも取り上げた会社概要も厳密に書かれているはずです。

一方で、悪質なサイトはこの辺りが粗雑という特徴があります。ただ漠然と「お金がゲットできます」などと書かれており、その仕組みや手順が書かれていません。また、誤字や脱字がところどころに見られ、ホームページ全体もどこかのテンプレートをそのまま使ったようなチープな雰囲気があります。

インターネットでの評価が高い

たくさんのユーザーが愛用しているサービスなら、インターネット上にもたくさんの情報が落ちています。

GoogleやYahooで、会社名に「評判」「口コミ」といったワードを組み合わせて検索してみましょう。個人のホームページやブログ以外にも、ポータルサイトや掲示板なども参考にしたいところです。

もちろん、調べてみて評判が悪かったところは使うべきではありません。それ以外にも、「調べてみたらまったく情報がなかった」というところも同様です。このような場所は誰も使っていないことからとてもリスキーです。もしかしたら、詐欺をはたらいている業者が1度サイトを潰して新しく作りなおしたばかりかもしれません。

クレジットカード現金化のときは優良サイトに絞って使いましょう。厳選することは手間がかかりますが、特徴自体は分かりやすいものです。1度調べれば長く使っていけますし、お得さや安全性に大きく関わることですから、情報はかかさず集めておきましょう。

クレジットカード現金化 TOP

口コミで人気の高いクレジット現金化会社サイトランキング

最大還元率 98.8
平均口コミ評価 4.8点/5点

最大還元率 96
平均口コミ評価 4.4点/5点

最大還元率 94
平均口コミ評価 4.3点/5点

最大還元率 96
平均口コミ評価 4.2点/5点

最大還元率 95
平均口コミ評価 4.1点/5点

自分で商品を購入して現金化をするならどれが良い?

自分で商品を購入して現金化をするならどれが良い?

クレジットカード現金化は自分でもできます。とくに「1度悪徳業者の被害にあった」という方なら自力での換金も視野にいれたいところでしょう。

■転売によってショッピング枠をお金に変える

自分でおこなう場合、クレジットカードを使って高換金率の商品を買い、それを別のところで売却するという方法をとります。

注意点としては、どのようなものを売買するにせよ、1度に大量取引してはいけないということです。カード会社にバレて、利用停止処分を受けるリスクがあるためです。

よりたくさんのお金をゲットするためには、「何を買うか」が大きなファクターとなるでしょう。

■換金に使えるとくに人気の商品一覧

ゲーム機やブランドもの

中古でも人気がある商品で、買取り業者がたくさんいます。しかし、実際の換金率はそこまで高くなく、新品未開封で売っても還元率が50%を下回ることがあるようです。また、買った直後に新作が出てしまったときはさらに下がって致命的です。

前者の狙い目は人気ハードです。ただし、未使用未開封でなければ換金率がかなり下がってしまいます。業界として流行り廃れが激しいため、時期をしっかり見極めることが重要でしょう。

後者はエルメスやシャネル、ヴィトンなど認知度が高いものがターゲットとなります。とくにロレックスの時計などは換金率が下がりにくいと言われています。流行を知る必要があるため、それなりの調査が必要になるでしょう。

商品券や金券

高い還元率を誇る大人気商品です。ときには95%以上で買いとってくれるケースもあるようです。ただし、それだけカード会社の監視が厳しく、より慎重に取引する必要があります。

バリエーションが豊富で、デパートのクーポンや新幹線の回数券、スポーツ観戦のチケットなどさまざまなものがあります。

自力でクレジットカード現金化をするときは利用停止のリスクに気をつけましょう。高還元率のためには商品のチョイスが重要でしょう。上記から、もっともおすすめの商品は金券です。そのなかでも、今はAmazon商品券が大きな人気を誇っています。

クレジットカード現金化 TOP

Amazon商品券を金券(ギフト券)買取サイトで現金化

Amazon商品券を金券(ギフト券)買取サイトで現金化

クレジットカード現金化のターゲット商品として、今Amazon商品券が注目されています。高換金率で安全性が高く、これからの主流となっていくでしょう。

■数十桁のコードを入力することで適用されるチケット

その名前のとおり、インターネット上でも有数の大手ショッピングサイトであるAmazonで買い物するときに使えるギフト券です。コンビニの店頭でも買える手軽さが魅力です。額面は幅広く、2,000円~25,000円まであるようです。

チケットには十数桁のコードが書かれており、それを買い物のときに入力することで適用されます。3タイプあり、番号部分がスクラッチ形式で隠されているカードタイプと、紙に直接印刷されているシートタイプ、Eメールで直接送られてくるデジタルデータタイプがあります。

■ショップやオークションでコードを売ることで現金化

Amazon商品券を換金するには、カードやシートを手渡す、あるいはそこに書かれたコード教えることで売ります。売却場所としてまず挙げられるものは、金券ショップとオークションでしょう。

しかし、それら以外にも専門の買取りサイトがあります。このような場所は特化しているだけあって還元率が高いというメリットがあります。インターネットサービスなら24時間営業しているところも多いため、もっともおすすめのスポットだと言えるでしょう。

ただし、このような形式の店舗にも悪質業者が潜んでいる可能性は十分にあります。よくある手口として、買い取ってもらえることを前提にコードを教えたのに、その後入金がなく音沙汰がなくなってしまったというものです。

Amazon商品券の売却に関しても、信頼できるサービスかどうかはしっかりと調べたほうが良いでしょう。

■Amazon商品券が注目される2つのワケ

優良業者なら最大で90%を越えることがあるようです。また、物品のチケットなら、オークションに出せばプレミア価格がつくことも期待できます。

Amazon商品券を使う方法は最近できた手法です。そのため、デパートの商品券や新幹線のチケットなどとくらべて、カード会社の監視がまだ緩いという特徴があります。

■流行しているだけあって今後対策される可能性がある

ユーザーにとっては嬉しいメリットがある方法ですが、けっしてデメリットがないというわけではありません。

最近では転売すると使えなくなるチケットが出ているようです。トラブルの元になるため、売買の前にはしっかりと確認しておきたいものです。

現在は監視がまだ緩い傾向にありますが、注目されているだけあって今後どのような対策が取られるかは未知数です。監視が厳しくなる、Amazonから規制が入るといったことも十分に考えられるため、ずっと使える方法ではないということは認識しておきましょう。

一般的な金券に規制が入っている今、Amazon商品券が換金に適した商品として注目されています。高換金率で安全性も高めですが、今後どのような対策をとられるかはわからないため、動向はしっかりと見守っておきたいところです。

クレジットカード現金化 TOP

クレジットカード現金化に違法性はないか?その他の心配について

クレジットカード現金化に違法性はないか?その他の心配について

クレジットカード現金化という業界は、実際に逮捕者が出たり、カードが利用停止になったり少しばかりアングラな雰囲気を感じさせています。「違法性はないのか?」と疑問に思う方は多いことでしょう。これについては「グレーゾーン」という言葉がもっとも適しているでしょう。

■ユーザー側は比較的安全と言われている

2011年に逮捕者が出てからは警察が腰を上げた部分があり、ごく稀に検挙されるところがあるようです。しかし、今までの対象はすべて業者側であり、利用者側が逮捕されたという事例は1度もないと言われています。

また、業者側も貸付けと見なされるキャッシュバック型の取引をおこなっていたことが原因のため、現在の主流である商品買取り型で問題になることは現状ではほとんどないと言われています。

そのため、現段階では違法性はなく、逮捕の危険性はほとんどありません。ただし、これらは今現在の話であり、法律の改正や解釈の変化によって今後どのように扱われていくかは予測できないところでもあります。

■クレジットカードが利用停止になるリスクは今もある

検挙されるリスクはほとんどないものの、カードの利用規約として書かれている項目「現金化を目的として使ってはならない」に抵触していることは明らかです。

そのため、警察のお世話にならなくてもカードが使えなくなるということは今でも十分に考えられるでしょう。また、クレジットカード現金化をすると自己破産申告ができなくなります。本当に貧窮している状態の手続きはかなりのハイリスクとなるでしょう。

クレジットカード現金化はグレーゾーンの取引です。違法性はないとされており、逮捕される心配は今のところ薄いところですが、今後どのように変わるかは不明瞭です。

また、カードが利用停止になる可能性は今でも十分にあります。取引はあくまで自己責任ですから、慎重に判断する必要があるでしょう。

クレジットカード現金化 TOP

クレジットカード会社にバレる心配

クレジットカード会社にバレる心配

実際にクレジットカード現金化するときは専門の業者を使ったほうが懸命です。還元率の相場は70%~80%で、もしかしたら自力でおこなったほうが高くなるかもしれません。

しかし、カード会社にバレて利用停止になるリスクを考えると、しっかりとした仕組みをつくっているプロに頼ったほうが安全でしょう。

■決算代行業者の存在がバレるリスクを和らげる

そもそも、クレジットカードのショッピング枠を換金するときはカードそのものを使って決算できなければなりません。通常、現金化業者は支払いに関して信用度がありません。そのため、簡単にはカード会社の加盟店になれず、決算そのものができないはずです。

そこで助けになるものが代行業者です。社会的信用度が高く、現金化業者のほかにもネットショップや風俗店、深夜飲食店などのさまざまな店舗の支払いを仲介しています。

この代行業者でワンクッションおくことで、カード会社への請求内容がわかりにくく、結果としてバレるリスクが少なくなっています。

仲介する分だけ手数料がかかるため、最終的にユーザーの手元に戻ってくるお金も安くなります。しかし、その分だけ安全になりますから、クレジットカード現金化のときは業者を通したほうが良いでしょう。

クレジットカード現金化 TOP

クレジット現金化が不安なら『携帯決済で現金化』をするのも一つの手段

クレジット現金化が不安なら『携帯決済で現金化』をするのも一つの手段

クレジットカードの利用を停止させられることは大きな痛手です。キャッシング枠が使えなくなり、その後の審査も通りにくくなります。どうしてもそのようなリスクを避けたいという方は、携帯決済がおすすめです。

■携帯電話のキャリア決算を使って現金化する

DoCoMoやau、ソフトバンクなどの各キャリアには買った商品の代金を、通信費といっしょにして翌月に支払えるサービスがあります。これを利用することで、カードと同じように換金できます。

携帯決済の取引方法は同じで、商品買取り型が主流のようです。審査が必要ないという点も同様です。ただし、端末の支払いが未納だった場合は使えないようですから注意しましょう。

利用限度額はだいたい共通しており、長く契約しているほど高くなります。年数が3ヶ月以上で30,000~50,000円ほど、最大で100,000円まで上がるようです。ただし、有料コンテンツの月額費用もそのなかに含まれているため、人によってはそれよりも僅かに少なくなるでしょう。

スマートフォンでもタブレットでも、契約している端末が1台あれば使えるためとても手軽です。とくに主婦やフリーターの方などはクレジットカードを持っていないことがあるため、こちらを利用しているということは多いでしょう。

ただし、デメリットもあります。まず、還元率の相場が60%~80%と少々低めです。リボ払いや分割払いがないため一括でしか支払いができません。また、最近ではキャリアが取り締まりを始めており、将来的に換金すると携帯電話が使えなくなってしまう恐れもあるようです。

このように、クレジットカードの代わりに携帯電話を使って現金化する方法はあります。手軽さの面では変わりありませんが、今度はこちらが利用停止になるリスクを抱えることになります。還元率もそう高くはないため、「ここぞ」というとき以外は使うべきではないでしょう。

クレジットカード現金化 TOP

クレジットカード現金化は最後の手段!後悔しない道を選ぼう!

クレジットカード現金化は最後の手段!後悔しない道を選ぼう!

いつでもどこでもショッピング枠をお金に変えられるクレジットカード現金化。しかし、けっして常用するような方法ではないでしょう。

どれだけ高還元率であっても、そもそもその枠で買い物をしたほうがずっとお得ですし、使い方によってはカードが使えなくなることもあります。

「どうしても今すぐに現金がなければならない!」という背に腹は代えられない状況でのみ使うようにしましょう。

そして、使うときにはプランをしっかり立てることが重要です。数ある方法のなかから自分にマッチしたものをチョイスし、業者に頼るときは確実に優良のサイトを使いましょう。お金をゲットした後は、目先だけを考えず返済のプランをしっかり立てましょう。

クレジットカード現金化はひんぱんに使うものでなくても、「ここぞ」というときに活用できればとても有効なシステムです。ぜひともそのタイミングを見極めて、日々の生活をより快適なものにしてください。

クレジットカード現金化 TOP