今すぐにお金が必要な貴方へ!後悔しない『クレジットカード現金化』

「急にお金が必要になった!」
そのような方はクレジットカード現金化を利用しましょう。インターネットにつなげるパソコンやスマートフォンとカードが1枚あればすぐにでもできます。

a

給料日前なのに飲み会の費用が足りなくなった・・・。


b

お金を借りたいけれど、消費者金融の審査が通らない・・・。


c

旅行に行ったら帰りの電車賃がなくなった・・・。

活用できる場面はたくさんあります。

ただし、使うときには知識をしっかり身につけてからでなければいけません。手続きする業者によってお得度が変わるほか、悪徳業者に捕まれば詐欺の被害にあうことも。

本サイトでは、初めての人でも分かりやすいクレジットカード現金化情報を掲載しています。賢く使って、日々の生活をより快適なものにしましょう。

目次

管理人の初めてのクレジット現金化体験談~人生で初めての試練~

管理人の初めてのクレジット現金化体験談~人生で初めての試練~

まずは、私の体験談からお話しさせていただきます。3年ほど前になりますが、私はひょんなことから借金を背負うことになりました。その額なんと30万円。しかも、返済締め切りは2週間後です。

金額
給料(手取り) 18万円
食費・光熱費 -8万円
ローンなどの支払い -5万円
遊び代 -5万円
合計 0円!

※当時の私の経済状況

それまで遊びほうけていた私に、人生で初めてのしかかる試練でした。いきなり30万円もの借金を背負わされた私は、その日から「どうやって稼ごう」ということしか考えられなくなっていました。

仕事中も、遊んでいる時も、この世で一番心が癒される岩盤浴に行った時でさえお金のことばかりです。人間、お金がない時ほど心が落ち着かないことはないと思います。インターネットであらゆる「稼げる方法(俗にいう情報商材)」をチェックしました。

しかし、どれも現実味がなく実行に移す気にもなれないものばかりでした。

※ちなみにですが、銀行からの融資はすでに限度額ギリギリで受けていて、毎月給料でローン返済している状態でした。ですので、銀行から借りるというのは最初から念頭にありません(その借入状況で行ってもそもそも審査が通らなかったとは思いますが)。

キャッシング枠の発見~一筋の光を見つけました~

キャッシング枠の発見~一筋の光を見つけました~

そんなある日、家に帰ってみるとクレジットカードの明細が届いていました。私は今までクレジットカードを利用することが何度かありました。電話料金や、少し大きい買い物をする時などです。

何気なくその明細を見ていて、ある項目にふと気づきました。

管理人

キャッシング枠・・・・って何?
もしかしてお金借りられる・・・?

クレジットカード自体、友人の営業で何となく入っただけでしたので、当時の私は契約内容に関しては全く把握していませんでした。何となくですが、心が少し晴れた気がしました。

早速キャッシング枠をインターネットで調べました。すると、お金が借りられる事が判明。その時の私の感情は、言葉では言い表すことができないくらい高揚していました。しかも、キャッシング枠を確認すると残りキャッシング可能額が「30万円」。

前職で結構な額を稼がせてもらっていた時(この過去の栄光が浪費癖につながった原因です)に作ったクレジットカードだったので、キャッシング枠も割と高めに設定されていたみたいです。私は早速ATMに30万円を借りに行きました。

それも一括です。分割やリボ払いにしようか悩みましたが、金利のことを考えて一括で支払うことにしました。なぜそんな余裕があるの?と疑問だと思いますが、その翌月はボーナスだったので30万円を一括で支払える見込みがあったのです。

待ちに待った借金の返済~つかの間の平穏~

待ちに待った借金の返済~つかの間の平穏~

ATMで下ろした30万円を持って私は早速借金を返済しに行きました。返済場所に向かっている時の私の気持ちは非常に落ち着いていました。この2週間のことをいろいろと頭に浮かべて「良い人生経験だったな」などという余裕さえ出てきていました。

私の生活に久しぶりの平穏が訪れました。家に帰宅した私は早速友人を誘い久しぶりにお酒を飲みに行きました。この2週間にあったさまざまな行動や経験をその友人に喋って、さも自分が苦労人のように立ち振る舞っていました(笑)

「人間追いつめられると、普段気にしないところが目に入ってくるよ」とか、「毎日心が落ち着かなくて夜も眠れなかったよ」とか・・。今考えると顔から火が出るくらい恥ずかしいです。

しかし、借金がなくなるというのはそれだけ心が落ち着くものなのです。散々、友人に苦労話を聞かせた後、家に帰りぐっすりと眠りにつきました。

それから一か月後、いよいよボーナスが振り込まれる日がやってきました。このボーナスを使って、前月にキャッシングをした30万円を返済すれば、昔の生活に戻ることができます。

心をときめかせて口座を見ました。

・・残金5000円。

管理人

・・・・・は????

ボーナスが振り込まれていない事件~クレジットカード現金化との出会い~

ボーナスが振り込まれていない事件~クレジットカード現金化との出会い~

脂汗がどっと出ました。一瞬何が起こったか分からず、給料日間違えたかな?と現実逃避もしました。一旦ATMを離れ、外のベンチで5分ほど考えました。通帳を確認してみると、やはりボーナスが振り込まれていない・・・。

その時は、「ブラック企業か!」とか「うっかりじゃ済まされんぞ!」とかいう怒りに満ちていました。その日は出勤ではなくお休みだったのですが、すぐに会社へ電話をしました。

管理人

あの・・ボーナスが振り込まれていないのですが・・?



上司

何言っているの?ボーナスは来月でしょ(笑)

・・パニックになりました。私は本当の大ばか者です。そうです。一か月間違えました。ボーナス月を勘違いしていました・・。上司、暴言の数々すいませんでした。さすがに心が折れて、とりあえず一旦帰宅して何も考えずに寝ました。

目覚めた頃にはもう夕方になっていました。キャッシングの30万円はその日の内に返済しなければいけません。返す当てなんて全くないです。また、あの地獄の2週間の気持ちが蘇ってきて、絶望感でいっぱいでした。

管理人

消費者金融に行くか?・・でもそんなにすぐにお金を貸してくれるのか?何より在籍確認で職場に連絡が行くのが辛い。親に話してみるか?いや・・そんな大金持っている訳がない。

いろいろ考えました。しかし、どれも短時間で30万円を手に入れるには不可能な方法でした。気が付くと私は、同じ境遇の人がいないかインターネットで探していました。とにかく同じ悩みを持っている人を見つけたかったのだと思います。

すると、Yahoo知恵袋に私と似たような境遇の人が以下のような質問をしていました。

質問者

借金の返済が間に合いません。あと2時間で5万円稼ぐ方法はありませんか?

管理人

(たかだか5万でグダグダ言うなよ。こっちはあと2時間で30万だぞ。)

その時の私は、性格が最低ランクまで荒んでいました。そして、何気なくベストアンサーを見てみると・・。

天使

クレジットカードはお持ちですか?持っているのであればショッピング枠を現金化する方法がありますよ。

管理人

・・現金化・・・?
・・何それ?

早速インターネットをくまなく調べました。いくつかサイトを見ている内に、とりあえず私にもできることが分かりました。「クレジットカードの現金化」なんて、生まれて初めての言葉です。

私にまた光が見えました。ショッピング枠の現金化をすれば、今日の内に30万円を調達することができるし、その現金化したお金は今度こそ来月のボーナスで返済すれば問題ない。しかも私が見たクレジット現金化会社は「最大還元率98%で最短10分振込み」と謳っていました。

怪しいと考える暇もなく、即現金化業者へ電話をしました。すると、話はとんとん拍子で進み、簡単な手続きをして20分後に30万円を振り込んでくれる流れへ。そして、20分後に不安の気持ちでATMを見に行きました。

・・残金30万5000円。

この画面を見た時に、やっと心が救われました。本当に泣きそうになりました。自分の馬鹿さ加減を心底恨み、これからの人生はしっかりと生活を改めようと肝に銘じました。もちろん、その翌月のボーナス月に現金化した分の料金は返済しました。

今回の流れを簡単にまとめると以下のようになります。

  1. ひょんなことから借金30万円を背負う

    遊びまくっていた私に突然訪れた不幸です。ここでは詳しい説明は省きますが、2週間以内に返済しなければ大変なことになる状態でした。

  2. クレジットのキャッシング枠30万円で借金返済

    クレジットカードのキャッシング枠を設定していたにも関わらず、そこで初めてその存在に気付くことになります。

  3. ボーナスの日を一か月間違えたことに気付く

    人生で一番自分に絶望した日です。ボーナスでキャッシング分を返済しようと思っていましたが、ボーナスは一か月後でした。

  4. クレジット現金化で30万円を調達してキャッシングした分を返済

    クレジットカードの現金化を初めて行いました。ショッピング枠をほとんど使っていなかったのが不幸中の幸いでした。

  5. ボーナスの日に現金化分の約40万円を返済

    業者の還元率が約80%でしたので、結果10万円程損をしたような気分ですが、借金が完全に返済されたことで心の安らぎを取り戻せました。

クレジットカード現金化はもろ刃の剣~冷静な判断を~

クレジットカード現金化はもろ刃の剣~冷静な判断を~

以上が私の初めてのクレジットカード現金化です。人生で一番心が落ち着かない期間だったと思います。本気で悩みましたし、本気で落ち込みました。それでも消費者金融に手を出さなかったのは、現金化のおかげだと思っています。

私が利用した現金化業者のことを少し触れておくと、「最大還元率98%」と謳っていたのですが、それは100万円以上の現金化をする人が条件でした。実際に私が利用した際の還元率は、大体80%くらいです。

クレジットカードの現金化は、巷ではあまり良い評判を聞きません。しかし、どうしても背に腹はかえられない状況というのがあります。実際に私は、この現金化業者の存在を知っていなければ途方に暮れていた事でしょう。

お金がない時には、仕事などで稼ぐ方法がたくさんあります。しかし、その日にお金を調達するというのはどうしても難しいものです。そういう時は「借りる」という手段を考えてみるのが得策です。

しかし、返せる見込みがないのにお金を借りるというのは止めましょう。私の場合は、翌月がボーナスでなければ、実行できなかった方法です。散々聞いたことはあると思いますが、「ご利用は計画的に」です。

クレジットカードで借金をする人々の典型的な流れ

クレジットカードで借金をする人々の典型的な流れ

クレジットカードで借金をしている人はどのくらいいると思いますか?以下は金融庁のホームページで公開されている資料になります。その中でクレジットカードを利用している人のみをピックアップしてみました。

件数(延べ数)⇒2,490,288件
残高⇒5,524億円
1件当たり平均貸付残高⇒222,000円

出典:業態別貸付件数、1件当たり平均貸付残高(平成28年3月末) – 金融庁

ショッピング枠なのか、キャッシング枠なのかは不明ですが、件数として約240万件以上の貸付があるようです。1件当たりの金額としては、約22万円にもなります。また、クレジットカードは1人2、3枚持っているとのデータもありますので、1人が40万円以上借り入れをしているケースも少なくはなさそうです。

クレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠があります。これに関しては、下記でも詳しく触れていますのでこちらでは割愛させていただきます。

当サイトを訪れている方は、大体が「今すぐに現金が欲しい」と考えている人です。そして、現金化についての知識をつけようと考えている人が多いので、クレジットカード自体はまだ手元にあるという方が多いと思います。

こちらでは、クレジットカードを利用した借金の典型的な流れを見ていきましょう。

■第一段階

まず、手元にお金がなくなってきたらショッピング枠に手を出します。食事や商品をカードで切って買い物していくのです。限度額がいっぱいになるまで「まだお金がある」と考えてしまいます。

この段階であれば、まだそこまで多くの借金をしている訳ではありませんので、カード会社に「限度額引き上げ」の申請をしても審査が通り、更にショッピング枠を使っていくようになります。

■第二段階

ショッピング枠を使い切ってしまうと、今度はキャッシング枠に手を出し始めます。これが次の段階です。ショッピング枠で買い物できない、更にショッピング枠を返済できなくなるため、キャッシング枠を使い始めます。

ショッピング枠とは違い、キャッシング枠はATMから実際にキャッシュ(現金)を引き出すことができます。これがまた、「自分はまだお金を持っている」と錯覚させます。頭では分かっているはずなのに不思議と焦りは感じないのです。

■最終段階

ここまで来ると、毎月の支払いが自分の収入に追いつかなくなってきます。クレジットカードを利用して借金をしている人は、大体ここで「やばい」と思い始めます。しかし、時すでに遅し。どうあがこうと借りてきたものは返済しなければいけません。

そこでどうするかといいますと、どうにか返済する方法はないかとカード会社のサイトを見たり、問い合わせをしたりします。そこで、クレジットカードを切った後で「分割払い」や「リボ払い」に変更することができる事を知る人が多いと思います。

分割払いやリボ払いについて

分割払いやリボ払いについて

クレジットカードを利用して最初の内は、食事でも買い物でも一括で支払いをする人が多いです。最初の内は一括でも支払うことができるからです。また、少なからず手数料のことも頭には入っていると思うので、できる限り一括で支払うでしょう。

しかし、上記で述べたように雪だるま式に増えていった借金を一括で支払うことが困難になってきたらどうでしょう。焦りを感じ始めた段階で、分割払いやリボ払いに変更すると思います。

また、分割払いやリボ払いは、買い物をする段階だけではなく、後から変更することも可能です。一見嬉しいシステムですが、もちろんその場合にも手数料がかかるというデメリットがあります。

■分割払い

分割払いは、その名の通り支払いを分割にして返済することができます。この分割払いのメリットは、自分で何回払いかを選ぶことができるので、できるだけ手数料をかけずに支払いができることです。

支払回数によって、金利が変動しますので可能な限り短い回数で支払っておきましょう。以下はほんの一例です。カード会社によって金利は変わります。

【例】20万円の商品を10回払いで購入した場合、合計の支払金額と返済期間は以下のようになります。

※10回払いの金利が7%のカード会社の場合

手数料の計算:200,000円(元金)×7%(金利)=14,000円(手数料)
支払額の計算:(200,000円(元金)+14,000円(手数料))÷10回(支払回数)=21400円

【返済期間】10か月
【毎月の支払額】21,400円
【合計支払額】214,000円

■リボ払い

リボ払いは、分割して支払いをするという点では「分割払い」と違いはありません。ただし、その支払回数をこちらで指定することはできず、基本的に金利が高めに設定されています。

更に、リボ払いの金額というのが最初で設定されており、もし「1万円」と設定されているなら、月に1万円を超えて返済することはできません。つまり、大きな金額をリボ払いでやってしまうと、長期的な返済になる仕組みです。

【例】4月30日に20万円の商品をリボ払いで購入した場合、合計の支払金額と返済期間は以下のようになります。

※リボ払いの設定金額が1万円で金利が15%の場合
※金利は締切日翌日から翌月お支払日までの日割り計算

初回のお支払金額:1万円(設定金額)+手数料2,136円(200,000円×15%×26日÷365日)
2回目以降のお支払金額:1万円(設定金額)+手数料2,547円(200,000円×15%×31日÷365日)

【返済期間】20か月
【毎月の支払額】12.547円(初回のみ12.136円)
【合計支払額】263,076円

■分割払いやリボ払いはできるだけ利用しない

以上の金額を見ると、ゾッとしませんか?ちょっと分割払いやリボ払いを利用しただけという感覚の方もいると思います。毎月の支払金額を見れば、さほど高いようには感じないかもしれません。

しかし、最終的に支払った金額を確認してみると恐ろしい金利を支払っていることが分かると思います。既に、分割払いやリボ払いを利用している方も、再度利用状況を確認してみると良いかもしれません。

クレジットカード会社の収入はどこから来ているのか?

クレジットカード会社の収入はどこから来ているのか?

クレジットカード会社の収入ポイントは主に3つあると言われています。クレジット現金化をしようと考えている方には、あまり興味のない部分かもしれませんが、頭に入れておくとお金の流れが分かるので面白いかもしれません。

■キャッシング・分割払い・リボ払いの手数料

ここまで読むとお気づきの方もいるかもしれませんが、クレジットカード会社はキャッシング・分割払い・リボ払いの手数料(金利)を儲けのひとつにしています。そのため、これらの設定を積極的に勧められます。

また、大体のカード会社が「一括購入をした後でも分割払いやリボ払いに変更」が可能です。助かる人には助かる機能ではあるのですが、カード会社も儲けを得るために設定している機能というわけです。

■クレジットカードの年会費

今やクレジットカードは誰もが持てるような時代です。なので、年会費が無料のクレジットカードもたくさんあります。現在クレジットカードを持っている大体の人が年会費は無料なのではないでしょうか?

ただ、一部の人が持っているプレミアムカードは年会費が数万円というものもあります。その分、ポイントが貯まりやすいなどの特典もあります。この年会費によってカード会社も大きな儲けを得ています。

■クレジットカード加盟店からの手数料

クレジットカードを利用した場合の基本的なお金の動きですが、私たち消費者がクレジットカード加盟店で商品を購入した後に、カード会社がその加盟店に料金を支払います。

これだけを見るとクレジットカード会社は得していない様に見えてしまいますが、細かく見ていくと実際は違います。加盟店はクレジットカード会社に手数料を支払っています。もちろん、加盟店にも「大きな買い物をする客が増える」、「加盟していない店よりも利用されやすい」などのメリットがあります。

現在、ほとんどのお店でクレジットカードが使えますから、この加盟店からの収益というのは非常に大きいのではないかと思います。

クレジットカードは魔法のカードではない

クレジットカードは魔法のカードではない

クレジットカードには、さまざまなメリットがあります。大きな買い物をする時に分割で支払いができるし、ネットショッピングをする際は手間がかかりません。

しかし、よく言われる言葉で「クレジットカードは魔法のカードではない」というのがあります。お金がなる木ではないのです。契約する前に、自分のことをちゃんと分かっていて、無駄遣いしないことを念頭に置いておく必要があります。

借金をする人の大半が、最初は軽い気持ちです。そこから徐々に麻痺していって瞬く間に借金が膨れていくのです。

私の友人で、2年ほど前に月収60万円貰っていた人がいます。そこから会社の業績が悪化し、1年後には月収が20万円程に下がってしまいました。その当時に、「返せる」と考えてクレジットカードを使いまくっていた友人も今は借金300万円を背負っています。ショッピング枠・キャッシング枠どちらも限度額いっぱいです。

クレジットカードは利用する人によって形を変える、ある意味魔法のようなカードです。ただし、その使い方を間違えてしまえば悪魔のカードにもなりえます。ショッピング枠の現金化をする際もそのことは頭に入れて行いましょう。

そもそもクレジットカード現金化とは?その方法について

そもそもクレジットカード現金化とは?その方法について

お金を借りる場所といったらまずは消費者金融とクレジットカード会社があります。もしそれらで借りられなくなったら、現金化利用絶好のタイミングです。これはカードのショッピング枠をお金に換金する方法です。

■クレジットカードには2種類の枠がある

1つは買い物するときに使うショッピング枠です。たとえば、利用限度額が月50万円と定められているなら、その価格内であれば繰り返し商品を購入できます。

そしてもう1つがキャッシング枠です。これは上記枠のなかに設定されているもので、カード会社からお金を借りられる枠を指します。たとえば、限度額が10万円ならATMやキャッシュ・ディスペンサーを使って自分の口座以外から引き出せるようになります。ただし、ここで10万円引き出したあとはショッピング枠もその分だけ消費されます。

■買い物するための枠を使って現金を得る審査不用のサービス

キャッシング枠で借りられる額は基本的にそこまで高くありません。そのため、「利用していたらすぐに借りられなくなってしまった」というユーザーがたくさんいます。

そこで、生まれたものがクレジットカード現金化です。「クレジットカード現金化」は、クレジットカードのショッピング枠で商品を購入して、その商品を現金化するという意味です。現金化するという点では、クレジットカードの裏ワザともいえます。キャッシング枠がいっぱいで借りられなくなっても、この枠が余っていることはたくさんあり、そのような方に向けた方法でしょう。

また、この取引の嬉しいポイントは審査が必要ないということです。消費者金融にお金を借りている多くの方は面倒な手続きだと思っているはずです。なかには審査に落ちて借りられなかったという方も。そのような方でも安心して利用できるサービスです。

クレジットカード現金化はあまったショッピング枠を利用でき、審査の必要がないことがメリットのサービスです。さらに、手続きの方法によって2つのタイプに分けられます。

キャッシュバック型

キャッシュバック型

クレジットカード現金化の方式の1つとしてキャッシュバック型が挙げられます。しかし、こちらはある事件を境に利用者が減ってきているようです。

■無価値な商品の売買によっておこなわれる方式

ユーザーはまず、業者からほとんど価値がない商品をクレジットカードで買います。そして、その後にキャッシュバックという名目で購入代金の何割かを銀行に振り込むというものです。

【例】安物のアクセサリを10万円で買って、その後にキャッシュバックとして8万円振り込んでもらいます。これによって、買い物をするためのショッピング枠を使って、その8割のお金をゲットできました。

■業者が出資法違反で逮捕されてから利用者激減

キャッシュバック型はかつて主流の方法でしたが、あるときを境に業界から消えてしまいます。

それが、2011年に起きた業者の逮捕です。そのときの罪状は出資法違反でした。一連の取引は実質上の「貸付け」にあたり、業者は賃金業の登録をしていないためでした。

2011年8月、警視庁は出資法違反(高金利の受領など)容疑で「キャッシュバック型」でショッピング枠を現金化していた男を逮捕し、11月に懲役3年執行猶予5年の有罪判決が言い渡された。

出典:クレジットカード現金化 – Wikipedia

基本的に、業者は「商品を買ってもらったユーザーにキャッシュバックしているだけ」という名目で商売しており、古物商の資格しかとっていません。このときからキャッシュバック型は貸付けと認識されるようになり検挙数が増加、ついには利用されなくなりました。

キャッシュバック型は主流な方法として一時的に広く使われてきました。しかし、逮捕者が出てからは下火の状態です。現在の主流はもう1つの方式でしょう。

商品買取り型

商品買取り型

クレジットカード現金化のもう1つの方式が商品買取り型です。キャッシュバック型で逮捕者が出てから、こちらの取引が業界の主流になっています。

■高価値な商品を売買することで換金

この方式では、ユーザーは換金性が高い宝石や腕時計、チケットなどをクレジットカードで購入します。その後に業者が商品を買い取って、その代金を銀行に振り込むというものです。

【例】ブランドのバッグを10万円で買って、その後さらにそれを8万円で買い取ってもらいます。これによって、キャッシュバック型のときと同様に、消費したショッピング枠の8割のお金をゲットできました。

■逮捕者がいないことから取引の主流に

商品買取り型はキャッシュバック型と違ってまだ逮捕者が出ていません。これは、取引の一連の流れがリサイクルショップや金券ショップといった古物商とほとんど変わりなく、違法だと決めつけられないためです。

クレジットカード現金化には2種類の方法があります。しかし、キャッシュバック型は現在下火となっているため、初心者が換金するときは、上記のような商品買取り型の取引をおこなうことになるでしょう。

クレジットカード現金化に欠かせない『現金化サイト』の存在

クレジットカード現金化に欠かせない『現金化サイト』の存在

実際にクレジットカード現金化をおこなうときはインターネットを使いましょう。実は都心部の駅前には店舗がたくさんありますが、それらは実態がわからない部分が多いためおすすめできません。たくさんの情報が出回っている現金化サイトのほうが安全です。

「お金が手に入るならどこでも良い」と思う方は多いはず。たしかに、実際にサービスを提供しているところはかなり多く、1つ1つ吟味することはとても大変です。

しかし、運営会社によってお得さや安全性がかなり変わります。そのため、どれだけ急いでいてもここのチョイスは慎重におこなって、優良サイトで取引するようにしましょう。

現金化サイトを利用するメリットと注意点

現金化サイトを利用するメリットと注意点

実は、クレジットカードのショッピング枠を換金することは自分でもおこなえます。つまり、アクセサリや金券を自力で売買することで、ショッピング枠を使ってお金をゲットできます。

しかし、それよりも現金化サイトを通したほうが効果的です。プロに任せることでさまざまなメリットが得られるためです。ただし、ごく稀に詐欺をはたらく悪徳業者が潜んでいるときもあります。そのようなところを避けるためにも、特徴をとらえて慎重にチョイスしましょう。

■現金化サイトを通すメリット

現金化サイトを利用するメリットはいくつかあります。ハッキリ言って、自分だけでやるには様々な注意が必要です。多少の還元率があるにしても現金化サイトを利用する事をオススメします。

手続きが早くすぐにゲットできる

自分でおこなう場合かなりの手間がかかります。ショップに行くにせよ、ネット通販を使うにせよすべて終えるまでにはかなりのタイムラグがあります。

その前にまずは取引場所や商品のチョイスから始めなければいけません。これらをすべて合わせると、場合によっては1週間以上かかってしまうこともあるでしょう。

一方で、業者は申込んですぐに換金できます。サイトならスマホでもアクセスできるため、申込みまでのスピードもメリットの1つです。

早いときには5分で振り込んでもらえることもあるでしょう。ネットバンクを使えばATMが使えない時間帯でも活用できます。

還元率が高い

クレジットカード現金化はかなりのスキルが求められる行為です。よりお得な商品をチョイスできる知識や、売買のタイミングを見極める判断力などさまざまなスキルが求められるためです。素人が自分でおこなった場合、還元率が半分を下回ってしまうことも少なくありません。

しかし、プロに任せれば7割、8割といった高い還元率で取引ができます。常連になればより良い待遇が受けられるところもあるようです。また、このパーセンテージが時期によってあまり変動せず、安定しているということも大きなメリットです。「予想外に安くなってしまった!」ということがないため安心です。

カード会社に怪しまれない

実は個人で換金するとカードが利用停止になるリスクがあります。これは利用規約に抵触しているためです。自力でチケットやアクセサリなどを大量購入することはかなり危険です。

業者と取引する場合は基本的に決済代行会社を通します。ワンクッションおくことで支払い請求の内容がわからなくなり、現金化を疑われることが少なくなります。

■現金化サイトを選ぶ際の注意点

数ある現金化サイトのなかには、詐欺をはたらく悪徳なところもあります。「商品を買ったのにお金を振り込んでもらえなかった」「契約したときよりも還元率が低かった」「カードの情報が漏洩した」といったことがないよう、以下のような注意点を確認しておきましょう。

会社概要の有無

会社概要のページはそこの顔を示す重要な要素です。ないところは覆面を被って営業しているようなもので、信用してはいけません。

仮にあったとしても、内容が正確とはかぎらないためしっかりと確認しておきましょう。たとえば、「代表者名が書いていない」「所在地がデタラメ」といったことがあります。とくに後者は地図アプリで調べれば本物かどうかがすぐにわかるため確認しやすいでしょう。

接客対応の雰囲気

クレジットカード現金化は業界として客商売である以上、対応のクオリティーが重要な要素です。事業としてしっかり営んでいるところなら社員の教育もしっかりしているはずです。あまりに高圧的な態度をとっているようなら利用しないほうが懸命です。

また、取引の説明にはとくに注意したいところです。内容が曖昧な部分があったら遠慮なく突っ込みましょう。そこで言葉を濁すようなことがあれば、それにつけこんだ詐欺をはたらくことが考えられます。

換金率

相場はだいたい70~80%ほどだと言われているため目安にしましょう。これより低いなら基本的に損ですから使わないほうが良いでしょう。

また高くても警戒すべきです。数字の高さでユーザーの目を引き、実際には「手数料を引く」「商品に傷がついている」などといって通常よりも低い還元率でしか振り込まないという悪徳業者もいるためです。

即時性やお得さ、安全性などさまざまなメリットが得られることからクレジットカード現金化はサイトを使うことがおすすめです。しかし、その一方で詐欺にも気をつけなければいけません。上記のような注意点をよく把握し、リスクを最大限減らしていきましょう。

優良現金化サイトを使うようにしよう

優良現金化サイトを使うようにしよう

クレジットカード現金化は優良なサイトだけを利用しましょう。悪質サイトを使うとお金を騙しとられるほか、個人情報の流出なども考えられます。

また、とくに良く悪くもないごく一般的なところも同様です。上記のような詐欺の被害がなくても、還元率や安全性の面を考えると万全でないところが多いためです。

優良サイトを使うためには、まずはその特徴をおさえておく必要があります。幸いにも、インターネットを使えばすぐに調べられるものばかりです。よりお得に利用できるためのことですから、「面倒くさい」とは思わず、1箇所ずつていねいに調べていきましょう。

■優良現金化サイトの特徴

現金化の業者はほとんどが、ネット上に存在しています。そのホームページを見れば、大体優良か悪質かが分かるようになってきます。こちらでは、その見分け方をご紹介していきます。

ホームページのつくりがしっかりしている

インターネットサービスを提供しているところなら、公式サイトはまさにその会社の顔とも呼べる存在です。多くのユーザーが見るところですから、優良なところほど手間をかけて作成しています。

良いところはクレジットカード現金化の仕組みや取引の手順、利用規約について初心者にも分かりやすく書かれているでしょう。また、上記でも取り上げた会社概要も厳密に書かれているはずです。

一方で、悪質なサイトはこの辺りが粗雑という特徴があります。ただ漠然と「お金がゲットできます」などと書かれており、その仕組みや手順が書かれていません。また、誤字や脱字がところどころに見られ、ホームページ全体もどこかのテンプレートをそのまま使ったようなチープな雰囲気があります。

インターネットでの評価が高い

たくさんのユーザーが愛用しているサービスなら、インターネット上にもたくさんの情報が落ちています。

GoogleやYahooで、会社名に「評判」「口コミ」といったワードを組み合わせて検索してみましょう。個人のホームページやブログ以外にも、ポータルサイトや掲示板なども参考にしたいところです。

もちろん、調べてみて評判が悪かったところは使うべきではありません。それ以外にも、「調べてみたらまったく情報がなかった」というところも同様です。このような場所は誰も使っていないことからとてもリスキーです。もしかしたら、詐欺をはたらいている業者が1度サイトを潰して新しく作りなおしたばかりかもしれません。

クレジットカード現金化のときは優良サイトに絞って使いましょう。厳選することは手間がかかりますが、特徴自体は分かりやすいものです。1度調べれば長く使っていけますし、お得さや安全性に大きく関わることですから、情報はかかさず集めておきましょう。

口コミで人気の高いクレジット現金化会社サイトランキング

口コミで人気の高いクレジットカード現金化業者をランキング形式でご紹介しています。5段階評価で平均が高い順番で掲載していますので、実際に利用する際の参考になればと思います。

還元率も掲載していますが、あくまで「最大」の還元率です。最大還元率で現金化するには、条件がある場合が多いですので、是非公式サイトでご確認してみてください。

最大還元率 98.8
平均口コミ評価 4.7点/5点

最大還元率 96
平均口コミ評価 4.6点/5点

最大還元率 94
平均口コミ評価 4.5点/5点

最大還元率 96
平均口コミ評価 4.5点/5点

最大還元率 95
平均口コミ評価 4.4点/5点

クレジットカード現金化業者一覧~管理人総評価高い順~

クレジットカード現金化業者の一覧は下記の通りです。管理人の総評価で高い順で並べています。正直、ここに掲載している業者はどれも優良業者です。運営歴、口コミの評価、ネットでの評判など、さまざま判断基準から私の独断と偏見で総評価を付けているだけです。

口コミ評価は5点満点、管理人総評価は100点満点で付けています。業者名をクリックすると、その現金化業者の概要や口コミが見られるようになっていますので、是非参考にしてみてください。

現金化業者名 最大還元率 口コミ評価 管理人総評価
あんしんクレジット 98.8% 4.7点 100点
ひまわりギフト 96% 4.6点 95点
スマイルギフト 94% 4.6点 95点
セーフティサポート 96% 4.5点 95点
ファミリークレジット 95% 4.4点 95点
GOLDRUSH(ゴールドラッシュ) 98.8% 4.6点 95点
あおぞらクレジット 98% 4.5点 95点
ギフトクレジット 92% 4.5点 90点
サポートギフト 98% 4.5点 90点
サンライフギフト 95% 4.6点 90点
たんぽぽギフト 90% 4.4点 90点
なごみギフト 98% 4.4点 90点
パートナーギフト 95% 4.4点 85点
ライフパートナー 98% 4.4点 85点
安心くん 98% 4.5点 85点
換金堂 98.4% 4.4点 85点
現金化のらいふ(LIFE) 91% 4.4点 85点
新生堂 98% 4.5点 80点
生活ギフト 97.5% 4.3点 80点
和光クレジット 94% 4.4点 80点

自分で商品を購入して現金化をするならどれが良い?

自分で商品を購入して現金化をするならどれが良い?

クレジットカード現金化は自分でもできます。とくに「1度悪徳業者の被害にあった」という方なら自力での換金も視野にいれたいところでしょう。

■転売によってショッピング枠をお金に変える

自分でおこなう場合、クレジットカードを使って高換金率の商品を買い、それを別のところで売却するという方法をとります。

注意点としては、どのようなものを売買するにせよ、1度に大量取引してはいけないということです。カード会社に見つかり、利用停止処分を受けるリスクがあるためです。

よりたくさんのお金をゲットするためには、「何を買うか」が大きなファクターとなるでしょう。

■換金に使えるとくに人気の商品一覧

換金率は、現金化をするうえで非常に大切なポイントです。もちろん、高いものもあれば、低いものもあります。その見分け方を習得しておくことで、効率が良い現金化をする事が可能です。

ゲーム機やブランドもの

中古でも人気がある商品で、買取り業者がたくさんいます。しかし、実際の換金率はそこまで高くなく、新品未開封で売っても還元率が50%を下回ることがあるようです。また、買った直後に新作が出てしまったときはさらに下がって致命的です。

前者の狙い目は人気ハードです。ただし、未使用未開封でなければ換金率がかなり下がってしまいます。業界として流行り廃れが激しいため、時期をしっかり見極めることが重要でしょう。

後者はエルメスやシャネル、ヴィトンなど認知度が高いものがターゲットとなります。とくにロレックスの時計などは換金率が下がりにくいと言われています。流行を知る必要があるため、それなりの調査が必要になるでしょう。

商品券や金券

高い還元率を誇る大人気商品です。ときには95%以上で買いとってくれるケースもあるようです。ただし、それだけカード会社の監視が厳しく、より慎重に取引する必要があります。

バリエーションが豊富で、デパートのクーポンや新幹線の回数券、スポーツ観戦のチケットなどさまざまなものがあります。

自力でクレジットカード現金化をするときは利用停止のリスクに気をつけましょう。高還元率のためには商品のチョイスが重要でしょう。上記から、もっともおすすめの商品は金券です。そのなかでも、今はAmazon商品券が大きな人気を誇っています。

Amazon商品(ギフト)券買取に関しては、別ページでまとめていますので是非ご覧になってみてください。

クレジットカード現金化に違法性はないか?その他の心配について

クレジットカード現金化に違法性はないか?その他の心配について

クレジットカード現金化という業界は、実際に逮捕者が出たり、カードが利用停止になったり少しばかりアングラな雰囲気を感じさせています。「違法性はないのか?」と疑問に思う方は多いことでしょう。これについては「グレーゾーン」という言葉がもっとも適しているでしょう。

■ユーザー側は比較的安全と言われている

2011年に逮捕者が出てからは警察が腰を上げた部分があり、ごく稀に検挙されるところがあるようです。しかし、今までの対象はすべて業者側であり、利用者側が逮捕されたという事例は1度もないと言われています。

また、業者側も貸付けと見なされるキャッシュバック型の取引をおこなっていたことが原因のため、現在の主流である商品買取り型で問題になることは現状ではほとんどないと言われています。

そのため、現段階では違法性はなく、逮捕の危険性はほとんどありません。ただし、これらは今現在の話であり、法律の改正や解釈の変化によって今後どのように扱われていくかは予測できないところでもあります。

■クレジットカードが利用停止になるリスクは今もある

検挙されるリスクはほとんどないものの、カードの利用規約として書かれている項目「現金化を目的として使ってはならない」に抵触していることは明らかです。

そのため、警察のお世話にならなくてもカードが使えなくなるということは今でも十分に考えられるでしょう。また、クレジットカード現金化をすると自己破産申告ができなくなります。本当に貧窮している状態の手続きはかなりのハイリスクとなるでしょう。

自己破産とは、裁判所に「破産申立書」を提出して「免責許可」というものをもらい、全ての借金をゼロにするという手続きです。

破産ができるのは、「支払い不能」となった場合です。支払い不能というのは、債務者の負債の額、収入、資産等の状況から総合的に判断されます。

出典:自己破産とは(メリット・デメリットの解説) | 松谷司法書士事務所

クレジットカード現金化はグレーゾーンの取引です。違法性はないとされており、逮捕される心配は今のところ薄いところですが、今後どのように変わるかは不明瞭です。

また、カードが利用停止になる可能性は今でも十分にあります。取引はあくまで自己責任ですから、慎重に判断する必要があるでしょう。

クレジットカード会社にバレる心配

クレジットカード会社にバレる心配

実際にクレジットカード現金化するときは専門の業者を使ったほうが懸命です。還元率の相場は70%~80%で、もしかしたら自力でおこなったほうが高くなるかもしれません。

しかし、カード会社にバレて利用停止になるリスクを考えると、しっかりとした仕組みをつくっているプロに頼ったほうが安全でしょう。

■決済代行業者の存在がバレるリスクを和らげる

そもそも、クレジットカードのショッピング枠を換金するときはカードそのものを使って決済できなければなりません。通常、現金化業者は支払いに関して信用度がありません。そのため、簡単にはカード会社の加盟店になれず、決済そのものができないはずです。

そこで助けになるものが代行業者です。社会的信用度が高く、現金化業者のほかにもネットショップや風俗店、深夜飲食店などのさまざまな店舗の支払いを仲介しています。

この代行業者でワンクッションおくことで、カード会社への請求内容がわかりにくく、結果としてバレるリスクが少なくなっています。

仲介する分だけ手数料がかかるため、最終的にユーザーの手元に戻ってくるお金も安くなります。しかし、その分だけ安全になりますから、クレジットカード現金化のときは業者を通したほうが良いでしょう。

クレジット現金化が不安なら『携帯決済で現金化』をするのも一つの手段

クレジット現金化が不安なら『携帯決済で現金化』をするのも一つの手段

クレジットカードの利用を停止させられることは大きな痛手です。キャッシング枠が使えなくなり、その後の審査も通りにくくなります。どうしてもそのようなリスクを避けたいという方は、携帯決済がおすすめです。

■携帯電話のキャリア決済を使って現金化する

DoCoMoやau、ソフトバンクなどの各キャリアには買った商品の代金を、通信費といっしょにして翌月に支払えるサービスがあります。これを利用することで、カードと同じように換金できます。

携帯決済の取引方法は同じで、商品買取り型が主流のようです。審査が必要ないという点も同様です。ただし、端末の支払いが未納だった場合は使えないようですから注意しましょう。

利用限度額はだいたい共通しており、長く契約しているほど高くなります。年数が3ヶ月以上で30,000~50,000円ほど、最大で100,000円まで上がるようです。ただし、有料コンテンツの月額費用もそのなかに含まれているため、人によってはそれよりも僅かに少なくなるでしょう。

スマートフォンでもタブレットでも、契約している端末が1台あれば使えるためとても手軽です。とくに主婦やフリーターの方などはクレジットカードを持っていないことがあるため、こちらを利用しているということは多いでしょう。

ただし、デメリットもあります。まず、還元率の相場が60%~80%と少々低めです。リボ払いや分割払いがないため一括でしか支払いができません。また、最近ではキャリアが取り締まりを始めており、将来的に換金すると携帯電話が使えなくなってしまう恐れもあるようです。

このように、クレジットカードの代わりに携帯電話を使って現金化する方法はあります。手軽さの面では変わりありませんが、今度はこちらが利用停止になるリスクを抱えることになります。還元率もそう高くはないため、「ここぞ」というとき以外は使うべきではないでしょう。

クレジットカード現金化は最後の手段!後悔しない道を選ぼう!

クレジットカード現金化は最後の手段!後悔しない道を選ぼう!

いつでもどこでもショッピング枠をお金に変えられるクレジットカード現金化。しかし、けっして常用するような方法ではないでしょう。

どれだけ高還元率であっても、そもそもその枠で買い物をしたほうがずっとお得ですし、使い方によってはカードが使えなくなることもあります。

「どうしても今すぐに現金がなければならない!」という背に腹は代えられない状況でのみ使うようにしましょう。

そして、使うときにはプランをしっかり立てることが重要です。数ある方法のなかから自分にマッチしたものをチョイスし、業者に頼るときは確実に優良のサイトを使いましょう。お金をゲットした後は、目先だけを考えず返済のプランをしっかり立てましょう。

クレジットカード現金化はひんぱんに使うものでなくても、「ここぞ」というときに活用できればとても有効なシステムです。ぜひともそのタイミングを見極めて、日々の生活をより快適なものにしてください。

クレジットカード現金化の最終確認(Q&A)

クレジットカード現金化の最終確認(Q&A)

いかがでしたか?このページのクレジットカード現金化に関しての情報はここまでになります。また情報が入り次第記事は追加していこうと思います。

最後に、このページのまとめとして「Q&A」を掲載します。ここまで読んだ方も、再度こちらをご覧になって参考にしてみてください。

クレジットカード現金化業者とのやり取りに抵抗があります。現金化業者は危なくないですか?
危険はありません。ご自身で現金化する方法もありますが、現金化業者を通さなければそれこそカードの利用停止の恐れがあります。あんしんクレジットスマイルギフトは当サイトでも一押しの現金化業者です。是非ご覧になってみてください。
本当に即日振り込まれますか?すぐにでもお金が必要です。
お電話での受付が終われば即日振り込まれます。ただし、WEBでの申し込み後に現金化業者から折り返し電話がございます。そのお電話を取らなければ手続きが進みませんので、心配せずにお取りください。
現金化をしていることを周りに知られたくありません。個人情報は守られますか?
もちろんです。各現金化業者、個人情報は徹底してお取り扱いしています。クレジットの現金化は簡単に言ってしまえば、お店でカードを使ってショッピングするようなものです。ご安心ください。
クレジットカード現金化は違法ではないんですか?
「クレジットカード現金化に違法性はないか?その他の心配について」でも述べていますが、利用者は比較的安全だと言われています。ただし、クレジットカードの利用規約違反に繋がる恐れはありますので、ご自身での現金化はオススメしません。
クレジットカード現金化業者をいくつか見てみましたが、どれも同じようなサイトに見えます。選ぶ基準などはありますか?
優良現金化業者をある程度絞り込んだ後は、還元率やキャンペーンなどを見てみると良いでしょう。業者によって還元率は違いますし、その時期やっているキャンペーンによってはかなりお得な情報もあります。