クレジットカード現金化をすると債務整理が行えない?

借金やクレジットカードの支払いが困難になった場合、債務整理が必要になります。きちんとした手続きを踏んで借金を分割したり減額したりできれば、債務者は経済的にも精神的にも余裕ができ、普通の生活を送ることができます。そのまま借金が膨らんで絶望してしまうことがないように、返済が困難になる前に債務の整理を考えるべきです。

債務整理には民事再生(個人再生)や自己破産などさまざまな手続きの仕方があり、債務者の状況や今までに支払ってきた額などによって、手続きの方法は変わってきます。クレジットカード現金化を行った後に支払いができなくなったケースでは、手続きの種類によっては債務整理ができないこともあります。

管理人

債務整理ってすごい良い制度だな。

天使

そうだね。法的に借金の重荷から解放されるのは債務者からすれば相当助かるよ。特に精神的に相当楽になる。

管理人

クレジットカード現金化をするとそれができなくなるの?

天使

100%できないという訳ではないよ。債務整理の方法にもよるけど、心証が悪くなる場合がある。あなたもギャンブルばかりしてる友達にお金を貸したくないでしょ?それと似たような感じ。

ここでは、債務整理の手続きの種類とそれぞれの特徴、クレジットカードの現金化をした場合でも行える方法かどうかを解説していきます。これからクレジットカード現金化を利用しようと考えている人は、万が一支払いが困難になったときのために、知識を身につけておきましょう。

債権者と任意で交渉する「任意整理」はほとんどの場合債務整理ができる

債権者と任意で交渉する「任意整理」はほとんどの場合債務整理ができる

任意整理とは、裁判所を通さずに債権者(賃金業者などお金を貸している側)と任意で交渉する手続きのことです。一般的には、司法書士や弁護士が債務者と相談し、毎月無理のない金額に分割して返済しやすくします。債権者が交渉に応じてくれさえすれば手続きが進められますので、支払い不能な経済状況と裁判所が判断しなくても借金の整理(減額)が可能です。

クレジットカード現金化を利用後にショッピング枠の利用分を支払えなくなった場合、債権者はカード会社ということになります。カード会社が任意整理に応じないということは少ないと言われていますので、現金化を利用した後でも無理なく返済できるようにしてもらえる可能性は高いでしょう。

任意整理ができる人の条件に「安定した収入があること」が挙げられますが、この点はクレジットカードの審査に通った時点で、ほとんどの人はクリアしていると言えます。

ただし、借金額を再計算して過払い金を取り戻せるという任意整理ならではのメリットは、ショッピング枠を現金化に使った部分には発生しません。なぜなら、ショッピング枠の利息が利息制限法の上限を超えることはないからです。

管理人

最近よく聞くけど、過払い金って何なの?

天使

法律の上限を超えて払ってしまった金利のことだよ。刑事罰がないことを良いことに、高い金利を請求する業者が多くいるんだ。

管理人

過払い金請求も債務整理になるの?

天使

少しややこしいんだけど、完済していない借金に関しては債務整理になる。完済した借金に関しては債務整理にならないんだ。過払い金に関してはこのサイトが分かりやすかったよ。

個人再生ではクレジットカードの現金化が裁判官の心証を悪くする

個人再生とは、借金の返済に行きづまった個人の債務者(個人事業主やサラリーマンなど)が自己破産で家を失って生活再建ができなくなるのを防ぐため、2001年の民事法改正で設けられた制度です。会社が自己破産せずに再建する「民事再生」の個人版に当たりますので、個人民事再生とも呼ばれています。

具体的な手続きとしては、返済ができなくなる前に裁判所に申し立てをし、作成した再生計画案(弁済計画)を提出します。この再生計画案が裁判で認められれば、債務額が大幅に減額されることになります。住宅ローン以外の債務額が5000万円以下で、生涯に渡って継続的な収入の見込みがあることなどが条件になります。

個人再生で返済額を減額してもらえるかどうかのポイントは、裁判で弁済計画が認められるかどうかにかかっています。そのため、お金の使い方や生活態度など、裁判官に与える心証が重要です。ギャンブルや浪費などが原因の借金は心証が良くないと言われていますが、クレジットカード現金化が原因の場合、さらに心証が悪くなります。

しかし、ギャンブルや浪費が原因でも個人再生ができるケースがありますので、クレジットカードを現金化したからといって、絶対に認められないというわけではありません。ただ、クレジットカード現金化という行為自体が悪質と捉えられるケースが多いので、減額となる見込みは薄いと言って良いでしょう。

自己破産は債務がゼロになる代わりに資産を失う

債務整理の手続きの中で、最も認知度が高いと言われているのが「自己破産」です。借金が膨らんでどうしようもなくなった人が自ら裁判所に申し立てて破産手続きをするこの方法は、メディアでも頻繁に取り上げられますし、ドラマなどにも良く出てくるので知らない人はいないでしょう。

自己破産は債務と資産を相殺して借金をゼロにする方法ですので、返済する義務から解放される代わりに、資産を失うことになります。家や土地などの不動産、99万円以上の現金、20万円以上の預貯金など、生活に最低限必要な資産以外はすべて手放さなければなりません。ただし、債務額がゼロになるので、その後の生活再建はしやすくなります。

自己破産が任意整理や個人再生と大きく違うのは、「収入がない人ほど成立しやすい」という点です。裁判所が「申し立てをした債務者に返済能力がない」と判断すれば、借金が免責(免除)されます。具体的には、手取り収入から住居費(家賃など)を差し引いて、残りの金額の3分の1を返済に回すとしたときに、3年間で分割返済できなければ「返済能力なし」とみなされます。

クレジットカード現金化をすると自己破産ができない

自己破産を申し立てる際に注意したいのは、返済能力がないことだけが免責許可の条件ではないことです。返済に足りる収入がなくても、「免責不許可事由」に該当する債務者は自己破産ができません。免責不許可事由はいくつかあるのですが、ギャンブルや浪費が原因の借金はその代表的な例です。

管理人

免責不許可事由って難しいんだけど。

天使

要は借金をしているのに贅沢なことをしていたら自己破産できないということだよ。ブランド品を買っていたり、高い食事をしていたり、旅行したり・・理由は色々あるよね。

管理人

なるほど。そりゃあそうだよね。

天使

切羽詰まった状態ではないと判断されるということだね。もちろん、それらを隠して虚偽の申請をするとかなり心証が悪くなるよ。嘘はダメ絶対。

ギャンブルや浪費で債務額が膨らんでしまった場合、原則として免責許可は降りません。それでも、反省の意や更生の余地が見られる場合、裁判官の裁量によって返済額の一部を免除してもらえるケースはあります。ただ、クレジットカード現金化の場合、ギャンブルや浪費よりも悪質とみなされる可能性が高いので、免責許可が降りることはないと思っておいたほうがいいでしょう。

どの手続きが良いのか分からないときは専門家に相談を

どの手続きが良いのか分からないときは専門家に相談を

ここまで解説してきたように、債務整理にはさまざまな手続きがあります。特にクレジットカードの現金化を行った後にカード会社への支払いができなくなった場合、成功しない可能性が高い方法もあることが分かりました。

成功する可能性が高い手続きは、カード会社と任意で交渉する「任意整理」か、裁判所に申し立てをし、再生計画案を提出する「個人再生」のどちらかということになります。しかし、その人の収入や普段の暮らし、支払いが困難になってしまった理由などは人それぞれなので、どの方法が自分に最もふさわしいのか分からない人は多いでしょう。

そんな人は、弁護士か司法書士に相談してみることをおすすめします。最近では借金のトラブルを専門に扱う法律事務所が増えてきており、着手金無料で相談できることもありますので、ひとりで悩まずに専門家に自分の状況を伝えてアドバイスをもらうのがベストな解決方法でしょう。

借金の返済が困難になってしまった場合にベストな債務整理は、その人の状況や借金をした理由によって変わってきます。また、どの手続きにもメリットやデメリット、条件があることを認識しておかなければなりません。特にクレジットカード現金化をして返済できなくなった場合、自己破産ができないという落とし穴があることに注意する必要があります。

もしあなたが債務返済のためにクレジットカードの現金化を考えているなら、その前に債務整理を考えたほうが賢明です。「もう返せない」と思ったときに自己破産ができなければ、後がなくなってしまいますので、逃げ道は残しておきましょう。

管理人

今回は難しかったな。

天使

債務整理というのはどうしても話が固くなっちゃうからね。クレジットカード現金化には任意整理が良いというのを覚えておけばいいと思うよ。

関連記事