クレジットカード現金化を自分でやる方法 - 業者を使わない現金化

専門業者を通さなくても金券ショップや質屋、中古品ショップなどを利用すれば、現金化を自分でおこなうことができます。

ただし、自分でおこなうと、大きく損をしたり、現金化したことをカード会社に知られたりするリスクがあります。自分でクレジットカード現金化するときには、換金率が高く、クレジットカード会社ににらまれない商品を探すことが重要です。

管理人

自分でやるメリットって何かあるの?

天使

換金率が高ければ自分でやる方法も有りかなと思う。でも、自分でやる場合は一回限りしかできないケースが多いよ。クレジット現金化業者の場合は、リピートすれば換金率が上がることもあるからオススメだよ。

自分で現金化するときは高い換金率の商品を選ぶのがポイント

自分でクレジットカード現金化するときは高い換金率の商品を選ぶのがポイント

自分でクレジットカードを現金化するだけなら、それほど難しくありません。クレジットカードで商品を購入し、金券ショップや質屋に購入した商品を買い取ってもらうことでクレジットカードを現金化できます。

しかし、業者で現金化するのと違い、購入した商品によって換金率が上下するので、場合によっては大きく損することがあります。

たとえば、換金率が95%の商品を1万円分購入した場合、買い取りで手に入る現金は9500円です。しかし、定価の50%でしか買い取ってもらえない商品なら、1万円分購入しても、手元には5000円しか残りません。

このような損をしないで自分自身でクレジットカード現金化するなら、なるべく高い換金率の商品を選ぶのがポイントです。

金券は高換金率だがカードで購入できないものが増加中

金券は高換金率だがカードで購入できないものが増加中

金券は、クレジットカードの現金化に長い間利用されてきました。商品券や新幹線の回数券といった金券は、ほとんどの金券ショップで定価の90%以上の高換金率で買い取ってもらえることが多く、なかには95~98%の値段で買い取ってもらえるものもあります。

しかし、あまりにクレジットカード現金化に利用されてきたため、最近では、クレジットカードで購入できないものが増えています。購入する度にクレジットカード会社からチェックが入るものもあり、昔ほどクレジットカード現金化に利用できなくなってきています。

新幹線回数券

JRのみどりの窓口などで購入できる新幹線回数券は、金券ショップでの換金率が高い商品です。人気の区間の回数券を買い取りしてもらえば、95%から98%で買い取ってもらえる場合もあります。しかもクレジットカードによる購入が可能なので、よくクレジットカード現金化に利用される商品です。

ただし新幹線回数券は、需要の変動に連動して買い取り価格も変動するので、地方より都心の金券ショップのほうが高く買い取ってくれますし、その地域で人気の区間の回数券のほうが買い取り額は高くなります。

また、使用期限が3カ月と短いので、購入後すぐに金券ショップに持ち込まないと、買い取り金額が下がることがあるので注意が必要です。

さらに注意しておかなければならない点として、大量に回数券を購入したり、短期間で何度も購入したりしないことです。クレジットカード現金化やカード盗難を疑われてJRからカード会社に購入の照会がおこなわれ、それを受けてカード会社からカード所有者に確認の電話がかかってくる場合があります。

もし大量購入するときには、問い合わせの電話でカード現金化を疑われないためにも、定期的に出張しているなどといった理由をあらかじめ考えておくとよいでしょう。ただし、クレジットカードの申し込み時に記入した職業などと矛盾しないようにする必要があります。

QUOカード

コンビニなどで利用できるQUOカードは、クレジットカードで購入できます。購入方法には、ファミリーマートでファミマTカードを使って購入する方法と、JCBカードを使ってJCBの公式サイトからJCB-QUOカードを購入する方法の2つがあります。

金券ショップで最も高く買い取ってもらえるQUOカードは、額面が500円のものですが、500円のものを大量に購入し換金するのは現実的ではありません。ある程度まとまった金額をクレジットカード現金化したいときは、多少換金率が下がっても、高額面のQUOカードを利用しましょう。

切手シート

切手シートは、コンビニなどではクレジットカードで購入できませんが、日本郵政のオンラインショップである切手SHOPからなら、3万円未満の購入に限りクレジットカードで購入できます。商品代金5000円以上の購入で送料が無料になるので、何度か分けて購入することで3万円以上の切手をクレジットカードで購入できます。

切手を買い取ってもらう際には、シートから切り離したバラバラの状態だと換金率がかなり下がります。クレジットカード現金化するときには、シートのまま金券ショップに持ち込んだほうがよいでしょう。

全国百貨店共通券・図書カード・バスカードはクレジットカード現金化に利用できない

全国百貨店共通券は、全国のデパートなどの加盟店で利用できる商品券です。場所によっては額面の98%で買い取ってもらえることもありますが、デパートの商品券サロンなどといった正規の販売所では、クレジットカードでの購入がほぼできません。

図書カードやバスカードも、クレジットカードで購入するのが難しい金券です。以前は、普通の本屋で図書カードをクレジットカードで購入できましたが、現在では、多くのお店でクレジットカードによる購入ができなくなっています。バスカードも正規の購入方法では、クレジットカードでの購入ができません。

ネットのオークションサイトなどで購入する場合でも、金券カテゴリーの商品は、クレジットカード決済できない場合がほとんどです。商品カテゴリーを偽装して出品している出品者もいますが、詐欺などのトラブルにぶつかる可能性もあるので危険です。

これらの金券は、クレジットカードの現金化に利用できないと考えておきましょう。

管理人

クレジット現金化を自分でやるって結構手間がかかるんだな。

天使

そうだね。でも、今すぐクレジットカード現金化したい人って結構切羽詰まっている状態だから、手間がかかっても実行する人は多いんだ。

Amazonギフト券など電子商品券を利用した現金化がトレンド

Amazonギフト券など電子商品券を利用した現金化がトレンド

最近の現金化のトレンドとして、Amazonギフト券やiTunes Cardといった、インターネット上で利用できる電子商品券の利用があります。電子商品券は、未使用かどうかを判断するのが簡単ではないので、一般の金券ショップでは買い取ってもらえませんが、専門の買い取り業者を利用すれば買い取り可能です。

電子商品券は、カード会社の監視がゆるいので、大量購入してもそれほど問題にならないというメリットがあります。また、カードそのものではなく、メールでコードを知らせるタイプの電子商品券なら購入してすぐに現金化ができるので、スピーディーに現金が手に入ります。

ただし電子商品券は、買い取りの後でも売主がコードを利用できるというリスクがあるので、買い取り金額は普通の商品券より低く設定されています。また、需要の高いAmazonギフト券以外の電子商品券は、買い取りしてくれる業者が少ないので、買い取り業者を探すのに手間がかかります。

Amazon商品券買取については、当サイトでもご紹介していますのでこちらを参考にしてください。

電子マネーの現金化はテクニック次第でお得に換金できる

電子マネーの現金化はテクニック次第でお得に換金できる

電子マネーを利用した現金化も人気があります。電子マネーは、そのまま買い取りしてもらうような方法がとれないので、現金化にはテクニックが必要ですが、うまく利用すればお得に換金することができます。

Suicaを使う方法

交通系プリペイドカードは、通常クレジットカードでチャージできませんが、スマホなどをSuicaの代わりにするモバイルSuicaなら、クレジットカードからのチャージが可能です。

チャージしたお金で切符や定期券を購入し、みどりの窓口に持っていって払い戻しをしてもらうことにより、購入した分の金額を現金で返金してもらえます。払い戻し手数料は210円に固定されていますので、切符や定期券の購入金額が高いほど、換金率も高くなります。

コンビニで利用できる電子マネーを使う方法

nanacoなどのコンビニで利用できる電子マネーは、クレジットカードからチャージできますが、一旦チャージしてしまうと払い戻すことはできません。しかし、返金手続きを利用すれば、現金に変えられます。

たとえば、コンビニ内のコピー機を利用する方法があります。やり方は、電子マネーが使えるコピー機でカラーコピーを大量におこなう設定をして、スタートボタンを押した直後にキャンセルボタンを押すだけです。

スタートと同時に電子マネーからカラーコピーの金額が引き落とされますが、間違ってコピーしてしまったのでキャンセルしたことを店員に伝えれば、現金で返金してもらうことができます。

カラーコピーは、だいたい1枚50円なので1000枚コピーしてキャンセルすれば、5万円分の現金が手に入ります。しかも換金率100%なので非常にお得です。ただし、何度もおこなえば、間違いなく不審に思われるので、頻繁におこなうことはできません。

関連記事:電子マネーを現金化する方法 – プリペイド式・ポストペイ式それぞれのやり方

転売(せどり)による現金化は安全性が高いものの換金率は低め

転売(せどり)による現金化は安全性が高いものの換金率は低め

金券などを利用せずに、ブランド品やゲーム機などを質屋や中古ショップに転売することでクレジットカード現金化がおこなえます。

転売は、クレジットカード会社に現金化を知られにくいというメリットがありますが、換金率は高くはありません。

ブランド品

有名ブランドのバッグや時計といったブランド品の転売は、金券を利用しない現金化の中では効率が良い方です。特に人気があるブランド品なら、購入額の8割程度の金額で買い取ってもらえます。

ただし、ブランド品は、人気の移り変わりが激しく買い取り価格もすぐに変動するため、購入前に中古ショップなどに高額買い取りしてもらえる商品を問い合わせておくとよいでしょう。

ゲーム機やゲームソフト

ゲーム機やゲームソフトは、基本的に発売当初が最も高く買い取ってもらえる商品です。発売日にプレミアのついた商品を購入できれば、定価以上の価格で買い取ってもらえる場合もありますが、前日から徹夜でお店に並ぶなどの労力が必要です。

また、高額買い取りのゲーム機やゲームソフトを狙うためには、どのメーカーのどのゲームが人気なのかといった知識も必要になります。

Square(スクエア)リーダーでクレジットカード現金化が可能かどうか?

Square(スクエア)リーダーでクレジットカード現金化が可能かどうか

カードリーダー端末のSquare(スクエア)リーダーでクレジットカードの現金化が可能であれば、こんなに便利なことはないと言えます。こちらではSquare(スクエア)リーダーでクレジットカードを現金化する方法を紐解きながら紹介します。

そもそもカードリーダー端末のSquare(スクエア)リーダーとは何なのか?

そもそもカードリーダー端末のSquare(スクエア)リーダーとは何なのか?

Square(スクエア)リーダーは、ICカードリーダー本体をパソコンやスマホに取り付けカードデータを読み込み、POSレジアプリでカード決済を行える端末です。カードリーダーを購入し、無料アプリのPOSレジアプリに登録することで簡単に利用開始できます。

iOS 9.0以降のiPhone、iPad、Android 4.0以降のAndroidスマホやタブレット端末に対応しているので、自宅でも外出中でも何処にいても利用でき非常に便利です。

Square(スクエア)リーダーで読み込み、決済できるのはVISAカード、Masterカード、JCB、アメックス、ダイナース、ディスカバーの6つのカードブランドに対応しています。現在日本で使用されているクレジットカードはほぼ網羅していると言えるでしょう。

このSquare(スクエア)リーダーを利用すれば、簡単にクレジットカードのショッピング枠の現金化が可能と言えるでしょう。

Square(スクエア)リーダーの利用開始の際に必要なことは?

小規模店舗や個人がクレジットカードでの決済を行うのには加盟店審査などのさまざまな面倒な手続きが必要でした。この従来のシステムに風穴を開けたのが、このSquare(スクエア)リーダーのシステムだと言えるでしょう。

利用開始にあたってまず最初に必要なことは、Square(スクエア)アカウントを取得することです。メールアドレスやパスワードの登録を行い、事業形態を入力します。個人の場合は個人事業主として登録しましょう。

画面の指示に従いながら必要な個人情報の入力を完了すると、カードリーダ送付の要・不要を問われますので、要を入力して送付先の指定をすれば手続き完了です。

その後審査を通過すれば使用を開始することが可能となります。この手続きに関する手数料などは一切発生しませんので、気軽に登録することができます。カードリーダー本体は無料ではありませんので、こちらは購入の必要があります。

万一アカウント審査に通らなかった場合も30日以内に返品すれば、全額返金されるので安心です。

Square(スクエア)リーダーのランニングコストは?

カードリーダの購入が必要であることは既に紹介しましたが、Square(スクエア)のシステム利用料などのコストは一切発生しません。

決済に使用するクレジットカードによって手数料が異なりますが、JCB以外のブランド5社は3.25%、JCBの場合は3.95%の手数料を徴収後、登録講座に現金が振り込まれます。

例えば1,000円の決済をVISAカードでSquare(スクエア)のシステムを利用して行った場合は、1,000×3.25%=32.5円の決済手数料が発生します。小数点以下は四捨五入されるので、この場合の決済手数料は33円となり967円が指定口座に振り込まれます。

繰り返しますが、本体を購入すれば入会費やアプリの登録料金、月額使用料などは一切必要なく、クレジットカード決済利用時の手数料以外の出費はありません。

Square(スクエア)リーダーでクレジットカード現金化の方法とは?

Square(スクエア)リーダーでクレジットカード現金化の方法とは?

ここまでのSquare(スクエア)システムの紹介で、既にお気づきの方もいると思います。自分名義のクレジットカードを自分のSquare(スクエア)リーダーで読み込み、決済すれば決済手数料を差し引いた金額が指定した振込口座に振り込まれます。

この方法であれば、誰にも知られずに自分のクレジットカードのショッピング枠を利用して、現金を手にすることが可能です。

決済手数料が発生しますが、消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠を利用した際の金利に比べると微々たるものと言えるでしょう。決済から現金の振り込みまでに1営業日と若干時間がかかることと、土日祝日に振り込みが不可能な点はデメリットかも知れませんが、十分利用価値はあると考えられます。

分割払いができないので、翌月一括払いになりますが緊急時の金策としてはかなり有効な手段と言えるでしょう。

Square(スクエア)リーダーでクレジットカード現金化のリスクとは?

どの金融機関も自社商品のいわゆる「錬金術」的な使用を嫌うのは事実です。Square(スクエア)の利用規約内「9.禁止される利用方法」でキャッシングサービスを行うためにSquare(スクエア)のシステム利用の禁止が明記されています。

これはクレジットカードの現金化を禁止することを指していますので、実はこの方法は表立って推奨できる方法ではありません。

しかし実際は好奇心でチャレンジした結果成功したという口コミが散見されるので、クレジットカードのショッピング枠の現金化は事実上可能と言うことになるでしょう。現在のレギュレーションがいつ何時変更されるかは不明ですので、未来永劫使用可能とは言いきれません。

あくまで現状では利用が可能であるということしか言えませんし、利用は自己責任でと言わざるを得ません。

クレジットカード現金化の現状とは?

多くのクレジットカード発行会社の利用規定の中でショッピング枠を利用した現金化は禁止されています。しかしこれは法律で規制されているものではなく、あくまで1企業のクレジットサービス提供に関する規定ですから法的に処罰されることはありません。

クレジットカード現金化を行う悪質な業者が摘発されることはありますが、利用者側に累が及ぶことはないと言えるでしょう。

万が一クレジットカード会社にショッピング枠の現金化を知られてしまった場合は、クレジットカードの利用が停止されることがあります。クレジットカード会社は利用者の使用履歴を監視していますので、次のような場合は不正利用を疑われてしまします。

〇換金性の高いものを大量に購入する
〇必要性の無さそうなものを大量に購入する
〇換金性の高いものを定期的に購入している

このような購入パターンは疑われてしまします。逆説的にはこのパターン以外の使用をすれば、監視の目をすり抜けることができる可能性が高くなると言えるでしょう。

Square(スクエア)リーダーでクレジットカード現金化のポイントとは?

クレジットカードの現金化を監視すると言っても、全国から刻々と莫大な利用データが上がってくる中で現金化を行った利用者を見つけ出すのは容易なことではありません。

現金化を見つけ出すのにクレジットカード会社が注目しているのは「キャッシング枠の利用が上限に達している利用者」なのです。常に利用状況を監視されていることを意識し「悪目立ち」しないように、監視の目をすり抜けるためにキャッシング枠を上限まで利用しないように気を付けましょう。

そしてSquare(スクエア)を利用する際には、クレジットカード現金化だけではなく、他人からの支払いを履歴として残すことが大切です。

例えば食事の割り勘も一旦は自分のカードで立替えておき、一緒に食事をした人たちからSquare(スクエア)経由で集金すれば他人の使用履歴を増やすことができます。自分以外の名義のカードの使用履歴を沢山集めることで、自分名義のクレジットカードからの現金化が目立たなくなります。

さらに、短期間でショッピング枠の現金化を繰り返さないことも重要と言えるでしょう。

管理人

やり方は色々あるな。

天使

うん。でも、ここで書いていることはあくまで過去に出来た方法だからね。今はできるかどうかは分からないから自己責任で宜しくね。

管理人

なるほど。

天使

あと、転売目的で商品を購入するなら本来は古物商許可証も必要だよ。これについては別の記事で話すよ。

あわせて読みたい!!