クレジットカード現金化業者の種類 – 無店舗型と店舗型の違いとは?

カードのショッピング枠を利用して、すぐにお金を手にすることができるクレジットカード現金化には、店舗型と無店舗型があります。後者は時間や場所に縛られず、誰でも簡単に利用できるため初心者にもおすすめです。事前に情報収集をして、安全な取引をしましょう。

クレジットカード現金化には店舗型と無店舗型の2種類がある

クレジットカード現金化には店舗型と無店舗型の2種類がある

冠婚葬祭や病気など、今すぐにまとまったお金を用意しなければいけないときに使える手段にクレジットカード現金化があります。クレジットカード現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を使って買い物をし、その商品を現金に換金してもらうサービスです。

クレジットカード現金化の業者は、店舗型と無店舗型の2種類に分けられます。

■店舗型
実際にお店があり、お客さんが足を運んで手続きをするシステムです。

■無店舗型
インターネットや電話でやり取りして取引をするシステムです。

クレジットカード現金化はカード会社の規定に反しているため、発覚するとカードが使えなくなどのリスクがあります。また、残念ながら悪徳業者による詐欺にも注意しなければなりません。安全に取引するためには、どの業者を利用するかが非常に重要です。

店舗型・無店舗型、それぞれにメリットとデメリットがあります。実際に取引をする前に、しっかりと確認しておきましょう。

店舗型の業者のメリット・デメリット

店舗型の業者のメリット・デメリット

実際にお店に出向いて取引する店舗型は、担当者と向き合って手続きから現金受け取りまでをおこないます。買い物感覚で取引できて詐欺の危険性は低いですが、換金率が悪く、カード会社に現金化したことが発覚しやすいというデメリットがあります。

相手の顔を見ながら取引できるので安心

店舗型は実際に相手と向き合って取引をするので、詐欺にあう危険が少ないのがメリットです。

一方で、無店舗型を利用した人の中には以下のような被害を受けた人もいたようです。

  • 手続きを済ませたのにお金が振り込まれない
  • 振り込まれた金額が提示されていた換金率を大幅に下回っていた

最近では、このような悪徳業者は淘汰されたためほとんどいません。しかし、ネットや電話だけのやり取りは、リスクがまったくないとは言い切れません。

ネットを利用する必要がない

現在では、多くの方がパソコンやスマホを利用していますが、全員が使いこなせているわけではありません。ネットを使わなくても、直接店に行けば取引を始められる店舗型なら、ネットが苦手な方であっても問題なく利用できます。

換金率が低い

利用するカードにもよりますが、無店舗型の人気業者なら、換金率80%以上を謳っているところがたくさんあります。このような高い換金率でも営業できる理由は、店舗を構えると必要になる家賃や光熱費などの経費が必要ないからです。

実際にお店を構えている店舗型は、このような経費を利益から支払わなければなりません。そのため、換金率は70~75%が相場となっており、優良無店舗型業者と比べると、20%も下回ってしまいます。

カードが利用停止になる危険性が高い

クレジットカード現金化は、カード会社の規約に違反している行為ですので、見つかるとカードの使用を停められてしまいます。店舗型では、カードのショッピング枠を利用して金券など換金率の高い商品を購入することになります。

換金率の高い商品はクレジットカード現金化に利用されることが多いことから、カード会社が常に目を光らせています。そのため、何度も利用するとカード会社にクレジットカード現金化の利用がバレてしまうリスクが高まってしまいます。

管理人

インターネットを使えない人にはオススメなんだな。

天使

街中とかでたまにクレジットカード現金化の看板があるよね。あれを見てそのまま申し込みに行っちゃう人も多いんだと思う。何でもそうだけど、ネットで調べてみると更にお得になるケースって多いよね。

無店舗型の業者のメリット・デメリット

無店舗型の業者のメリット・デメリット

店舗型のデメリットは、無店舗型のメリットになります。時間や場所を選ばず、お得に利用できるので忙しい方や近くに店舗のない方に最適です。最近ではほとんど悪徳業者がいないため、匿名での取引がむしろメリットになることもあります。

換金率が高い

実店舗を持たないため、店舗型の業者よりも換金率の高いところがほとんどです。また、宣伝はネット広告を利用し、お金をかけずに知名度を上げています。

さらに、優良業者はより多くの顧客の満足度を上げるためにさまざまな工夫をすることが多いようです。たとえばプレゼントや換金率アップキャンペーンなどをおこなっているところなら、さらにお得に利用できます。

自分の都合に合わせてすぐにクレジットカード現金化できる

クレジットカード現金化を利用するときは、今すぐにでもお金が必要という場合がほとんどでしょう。それでも、忙しくて店まで行けなかったり、近くに店舗がなかったりするケースは多いのではないでしょうか?

無店舗型の業者は、公式サイトから24時間いつでも申し込みを受け付けています。

ネットで申し込む際に、あなたの都合の良い日時を指定しておけば、業者のほうから電話をかけてもらえます。あとは簡単な手続きですぐに振り込んでもらえるので、早ければ申し込んだその日のうちにお金を手にすることも可能です。

しかし、クレジットカード現金化の手続きが終わっても、指定した銀行の営業時間が終わっていることもあります。土日祝日や深夜でもお金を引き出せるネットバンクを用意すると、スムーズにクレジットカード現金化できます。

相手の顔が見えないから不安…?

便利でお得な無店舗型業者でのクレジットカード現金化でデメリットがあるとすれば、相手の顔が見えないことで不安を感じるということではないでしょうか。詐欺被害にあうのが心配で、なかなか申し込めないという方もいるかもしれません。

しかし、数年前に悪徳業者の一斉摘発があってから、クレジットカード現金化詐欺はかなり少なくなりました。また、クレジットカード現金化業者の評価サイトや口コミなどが増えたことで、信頼できる業者をすぐに見つけられます。

クレジットカード現金化はカード会社の規定を違反する行為ですから、本当に最後の手段として利用したほうが良いでしょう。そのため、匿名で利用できる無店舗型業者は、利用者にとってもメリットです。特に女性や学生であれば、誰にも知られずに利用できるので安心です。

管理人

あー確かに。私がクレジットカード現金化をした時も周りにバレないか不安だったわ。

天使

借金をしていることって周りにバレたくないもんね。

管理人

店舗型だと誰かと会わないか不安になるな。

天使

そうだよね。店舗に向かっている段階で神経をすり減らしちゃうかもね。

無店舗型業者クレジットカード現金化をする際の注意点

無店舗型業者クレジットカード現金化をする際の注意点

店舗型と無店舗型のメリット・デメリットを比較すると、後者のほうが手軽でお得に取引ができることがわかりました。クレジットカード現金化を利用したことがカード会社に知られてしまうと、カードの利用を停められてしまうため、初心者は特に無店舗型がおすすめです。

しかし、以前より減ってきたとは言っても、クレジットカード現金化には悪徳業者や詐欺師が多いのも事実です。そのため、初心者はいきなり申し込みをするのではなく、業者の情報をしっかり確認してから申し込むようにしてください。

比較サイトでの評価

クレジットカード現金化業者の評判をまとめているサイトがいくつかありますので。探してみてください。優良業者であれば、たくさんのサイトで高い評価を得ているはずです。換金率やプランはもちろん、対応の良さなども知ることができるので、安心して取引できる業者を探せます。

口コミでの評判

実際に利用した人の意見を調べてみましょう。ただし、あまり信用しすぎないほうが良い口コミもあります。やたらと褒めすぎているものや、感情的な文章のものは読み飛ばして、論理的に長所・短所を指摘しているものを参考にしましょう。

最初は少し面倒に思えるかもしれませんが、あなたと相性の良い業者が見つかれば、2回目以降は楽に取引ができます。緊急時には、すぐ目に入った業者を利用してしまいがちですので、普段から信頼できそうな業者を探しておくと良いでしょう。

クレジットカード現金化の業者には店舗型と無店舗型があり、後者のほうが手軽でお得です。かつては詐欺が横行していたこともありましたが、現在ではほとんどありません。ただし、安全性を考慮し、事前に情報を得ておくことが大切です。

管理人

無店舗型がオススメだな。

天使

スマホ一つでできるなんて精神的にも肉体的にもとっても楽だよね。申し込んだらATMに行くだけだし。

管理人

あとは評判の良い業者を探すだけだな。

天使

そうだね。特に口コミはよく見ていた方が良いよ。このサイトでも口コミ評価を基準にしたクレジットカード現金化業者ランキングを掲載しているから是非参考にしてみてね。

関連記事